女子中学生で最低。親や教師が日本人の自尊感情を潰すという事実

shutterstock_1151825276
 

人間が生きてゆく上で重要なセルフエスティーム(自尊感情)ですが、その感情をしっかりと持てない日本人は多く、「世界一低い傾向」にあるそうです。今回の無料メルマガ『「二十代で身につけたい!」教育観と仕事術』では、著者で現役教師の松尾英明さんがその原因を考察するとともに、次代を担う子供たちのセルフエスティームを高めるために大人が留意すべき点を記しています。

セルフエスティームを高める

セルフエスティーム自尊感情について。大学の授業で学んだ際に、面白い話があった。

セルフエスティームとは、簡単に言うと、自分には生きている価値があると考えられる傾向である。日本では、「謙譲の美徳が悪い形でここに反映しており、セルフエスティームが世界一低い傾向がある(特に中学生の女子が最低値になるというデータがある)。ある研修会で、高校の先生から次のような質問を受けたという。

自分の苦手なところやダメなところを自覚するのも同じくらい大切ではないですか

皆さんは、どう考えるだろうか。

ここを、研修講師をしたその先生は、完全に否定したという。それは「間違い」であると。

それも大切だが、「同じくらい」ではない。セルフエスティームが高い方がずっと大切である。なぜなら、セルフエスティームが低い人間にとって、苦手やダメな点を自覚したところで、デメリットしかないからである。自覚させられたことにより更に落ち込むことになりより不活動になる。

つまり、勘違いしている方がずっといい。人間の可能性なんて、誰にもわからない。少なくとも、自分はダメだと思って諦めてしまうよりも勘違いして行動する方が伸びる可能性がある。まずは動かないと、伸びる可能性はゼロである。

子どもの教育では、まずこのセルフエスティームを高めること。苦手を意識させようとしなくても、本人はよくわかっている。それよりも、長所を伸ばす方に全力を注ぐ段階である。

幼稚園児相手に、「できないこと」を羅列して自覚させることの愚かさを考えればすぐにわかる。

「何でこんな簡単なことができないの!」

……子ども的には、何でそんなことを言えるのかを、大人の方に聞きたいところである。一番親身に考えているつもりの、親や教師こそが最も子どもをダメにしている

セルフエスティームを高める。

誰から。

大人からである。あなたがあなた自身の価値を信じることができなければ、子どもが自分の価値を信じることはない。大人のセルフエスティームの向上と、自信の確立。それができれば子どもの可能性を信じることができる

子どもにガミガミ言いがちだとしたら、自分自身のセルフエスティームの低さを疑ってみることが優先事項である。

image by: Shutterstock.com

松尾英明この著者の記事一覧

『まぐまぐ大賞2014[無料部門]教育・研究』の大賞受賞メルマガ。実践例を通して、教育観を磨きながら、具体的な手法にもふれていきます。「教育を志事にする」を信条に、真に役立つ実践的な情報だけを厳選してお伝えします。教育関係者を中心に、子どもに関わる全ての方々に向けて発信します。登録・解除ともにすぐできますので、ご一読よろしくお願いいたします。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 「二十代で身につけたい!」教育観と仕事術 』

【著者】 松尾英明 【発行周期】 2日に1回ずつ発行します。

print
  • PR まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    (株式会社J.Score)

  • 女子中学生で最低。親や教師が日本人の自尊感情を潰すという事実
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け