目先の問題こそ解決せよ。当たり前だけど効果抜群、4つの方法

shutterstock_485390215
 

消費不況といわれる昨今、売上減少に頭を抱えているショップオーナーも多いことでしょう。まずは「目の前の問題」を解決したいところですが、そのための具体的な方法となると、なかなか思い浮かばないものです。今回の無料メルマガ『がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!』では経営コンサルタントの梅本泰則さんが、「売上減・客数減」などの問題解決について、自力でできる簡単な方法を紹介しています。

目先の問題の解決法

ある時、私のセミナーを聞いた方がこう言われました。

5年後、10年後の話より、目の前の問題を解決する方法を教えて欲しい

目の前の問題も解決できていないのに先のことなど考えられない、ということでしょう。そのお気持ちはよく分かります。そこで、そんな経営者の方のために、目の前の問題を解決する方法をお伝えします。

では、目の前の問題とは何でしょう。後継者の問題、競合店の問題、従業員の問題、いろいろと考えられます。しかし、何といっても一番大きな問題はこれです。

  • 売上が減ってきている
  • お客の数が減ってきている

この問題の原因もいろいろとあります。例えば、

  • メーカー、問屋さんから良い商品が仕入れられない
  • ネット販売が盛んになってきてお客が流れている
  • 若い人のようにSNSがうまく使えない

といったことです。挙げれば、まだまだ原因はあります。しかし、原因を考えられたからといって、すべて解決できるというものではありません。上の3つの原因についてもそうです。どうしたら、売れる商品が手に入るでしょうか。どうしたら、ネットショップにお客が流れないようにできるでしょうか。どうしたら、SNSがうまく使えるようになるでしょうか。きっと、それが分からないからこそ、悩んでおられるのでしょう。

これらは、時代の流れや、メーカー・問屋さんの政策と同じように自分ではなかなか手に負えないことです。いくら悩んでも、そう簡単には解決しません。それならば、自分で解決できる方法を行うことです。そんなうまい方法があるでしょうか。

自分で解決する方法

実はその方法はたくさんあるのですが、今回はその中から、簡単に売上を上げる方法を2つ、簡単にお客様を増やす方法を2つ紹介します。

まず、簡単に売り上げるには

  • お店の商品を高く売る
  • お店でよく売れている商品を売る

といった方法があります。これは、自分のお店でできることですよね。もう少し説明しましょう。

「商品を高く売る」というのは、仮にお店で1割とか2割とか割引をして販売していたら、その値引きをやめることです。もしくは、値引き率を少なくすることです。たったそれだけのことで、売上は上がっていきます。

とはいえ、今売っている商品の値引きをやめるのは抵抗があるかもしれません。その場合は、次のシーズンに入ってくる新商品や新しいブランドから始めてみましょう。そのことで、お客様が離れることはありません。だまされたと思ってやってみてください。

また、これには「高い商品を買っていただく」という意味も含まれます。お店の中にある商品で、互いに同じような商品があれば高い方の商品を勧めるということです。販売スタッフは、往々にして「こちらの方が安いですよ」とか「安い商品もありますよ」と言ってお客様を誘導します。その方が売りやすいからです。その習慣をやめてみてはいかがでしょう。それだけで、売上が増えます。

次に「売れている商品を売る」ことです。今お店では、商品の販売管理をしっかりと行っているでしょうか。例えば、今月はどの商品がどれだけ売れたか、データにしているかということです。お店の方が「○○の商品がよく売れている」と言っても単なる感覚だけのことが多いように思います。データにしてみると、違っていることがあるのです。ですから、商品の販売状況をデータにしてみます

すると、そのデータから、例えば最近の3か月間に売上が30%も伸びた商品が見つかったとしましょう。それが「売れている商品」です。その商品もしくは、それに近い商品に力を入れて売っていきます。今後も売上が伸びる可能性のある商品だからです。

いかがですか。むつかしいことではありませんよね。これが簡単に売上を上げる方法2つになります。

print

  • 目先の問題こそ解決せよ。当たり前だけど効果抜群、4つの方法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け