火葬が追いつかず人工呼吸器はシェア。世界の惨状は明日の日本か

2020.03.27
258
by MAG2NEWS編集部 NK
shutterstock_1665453811
 

アメリカのニューヨーク・タイムズ電子版は、新型コロナウイルスの感染者が8万人を超え、死者は1000人を超えたと26日明らかにしたと、共同通信などが報じている。感染拡大が深刻だったイタリアでは、感染者は前日から6153人増えて8万539人、死者は8165人となっている。こうした世界的な大流行を受け、世界保健機関のテドロス事務局長は「すべての国で積極的な行動がなければ、数百万人が死亡する可能性がある」と感染抑制を呼びかけた。


「人工呼吸器」をシェアする惨状

アメリカでは感染者が急増し、中国やイタリアを抜いて世界最多となった。もっとも感染が拡大しているニューヨーク州では、人工呼吸器が不足していることから、1台を患者2人に装着する技術が承認された。

火葬が追いつかない惨状

イタリアでは26日、死者数が8000人を超えた。火葬は追いつかず、パンデミックの中心地となっている都市の近隣地域に遺体が運ばれているという。イタリアではこの2週間、外出禁止措置が取られているが、感染者や死者の数はあまり減っていないようだ。

新型コロナウイルスによる世界の惨状は、日本人にとっても決して他人事ではない。パンデミックを引き起こさないよう、これ以上の感染を食い止めるためにも、ひとりひとりが自粛要請に従い、じっと我慢するべき時ではないだろうか。

WHO「数百万人が死亡する可能性」

世界保健機関のテドロス事務局長は26日、20カ国・地域が開催したテレビ会議形式の首脳会談で「パンデミックは非常に急激なペースで加速している」とし、「すべての国で積極的な行動がなければ、数百万人が死亡する可能性がある」と感染抑制を呼びかけた。また、感染が疑われる患者の検査や隔離、感染経路の特定などは「(各国の)選択肢ではなく義務だ」と強く訴えた。

こうしたなか、世界ではWHOへの不信感が高まっている。テドロス事務局長は1月22日、23日に開催された緊急委員会で「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」の宣言を見送った。これが感染拡大に繋がったとして、アメリカでは署名サイトでテドロス事務局長の辞任を要求する活動が行なわれており、25日時点では50万人を超えているという。テドロス氏は以前から「中国を擁護している」と見られており、米紙は「経済や指導部のイメージを損なうとする中国の懸念をWHOが重視しすぎたことの表れ」と批判している。

Twitterの声







※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source:共同通信AFP産経新聞

image by:Roman Sigaev / Shutterstock.com

print

  • 火葬が追いつかず人工呼吸器はシェア。世界の惨状は明日の日本か
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け