トランプ暴言、中国、コロナ。大暴動の南アフリカに混乱を招いた複雑な要因

 

●uttiiの眼

南アフリカにおける現在の状況は、複雑な要因が重畳しているため、他国以上に困難になっているのだと思う。

アパルトヘイトそのものは廃することができたけれど、経済格差は激しく、社会の内部には鋭い亀裂が走っているまま。そこにコロナ禍がもたらす経済難がとりわけ貧困層を直撃することになり、ますます格差は拡大し、コロナ感染も拡大することになる。最大部族を背景に、ズマ前大統領を支持する勢力は、今も大きな力を持っているから、今回のような抗議運動が暴動を惹起することにもなる。ラマポーザ大統領の言うような「意図的、組織的に計画された攻撃」ばかりではないだろうが、どちらにせよ治安の悪化は、新型コロナウイルスの感染拡大をもたらす可能性がある。

新聞の裏側にある真実を読み解くジャーナリスト、内田誠さんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

image by: Gareth_Bargate / Shutterstock.com

内田誠この著者の記事一覧

ニュースステーションを皮切りにテレビの世界に入って34年。サンデープロジェクト(テレビ朝日)で数々の取材とリポートに携わり、スーパーニュース・アンカー(関西テレビ)や吉田照美ソコダイジナトコ(文化放送)でコメンテーター、J-WAVEのジャム・ザ・ワールドではナビゲーターを務めた。ネット上のメディア、『デモクラTV』の創立メンバーで、自身が司会を務める「デモくらジオ」(金曜夜8時から10時。「ヴィンテージ・ジャズをアナログ・プレーヤーで聴きながら、リラックスして一週間を振り返る名物プログラム」)は番組開始以来、放送300回を超えた。

有料メルマガ好評配信中

  メルマガを購読してみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 uttiiの電子版ウォッチ DELUXE 』

【著者】 内田誠 【月額】 月額440円(税込) 【発行周期】 毎週 月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く) 発行予定

print
いま読まれてます

  • トランプ暴言、中国、コロナ。大暴動の南アフリカに混乱を招いた複雑な要因
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け