MAG2 NEWS MENU

プーチン“核兵器使用”の最悪シナリオ。照準は「あの首都」か?

実効支配中のウクライナ東部と南部の4州で、一方的な住民投票を行ったロシア。西側諸国はその正当性を認めない姿勢を明らかにしていますが、プーチン大統領がこの投票を実施した狙いはどこにあるのでしょうか。。今回のメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』では元国連紛争調停官の島田さんが、考えうる複数のシナリオを紹介し各々について詳しく解説。さらにプーチン大統領がどの都市に向け核ミサイルを撃ち込むのかを考察しています。

この記事の著者・島田久仁彦さんのメルマガ

初月無料で読む

 

プーチン大統領のロシアは本当に袋小路に陥ったのか?

「大統領令により30万人の予備役が招集された」

「経済的に余裕のあるロシア人は挙ってその徴兵を避けるため、国外脱出を図った。それにより大渋滞が起き、ロシア発の航空券の価格は高騰している」

「ある程度、軍経験のある予備役が対象のはずなのに、軍事訓練を受けたこともない男子が突如、徴兵された」

「母国を守るための戦いではなく、Brothers and sistersを殺すために銃を握るよりは、牢獄に入れられるほうがいい」

この1週間、予備役徴兵の大統領令が出されてから、“ロシア人の声”が連日報じられました。

ロシア国内の各共和国・都市などで徴兵に対するデモが行われ、治安部隊による制圧の場面が繰り返し流され、母親たち・妻たちが泣き叫ぶ姿が映し出され、いかにプーチン大統領が自国民に対して酷なことをしているのかを印象付ける映像が流されています。

その“声”の内容の真偽はともかく、確実にロシアによるウクライナ侵攻は別の次元に入ったと言えます。

それはつまり【ロシア国民にとってこれまでどこか他人事だったウクライナでの戦争が、急に自分事に変わった】ということでしょう。

言い換えると「政府がよその国で行っている戦い」が、急に「自分や家族が前線に送られるかもしれない戦い」に変わることになりました。

この予備役の招集・動員はその転換点の一つと思われます。これまでウクライナ侵攻の最前線に配置されてきた志願兵やプロの軍隊に比べると、予備役の兵士たちの士気ははるかに低く、かつ能力も低いとされる予備役を敢えて投入するというのは“ロシアの行き詰まり”を意味するという分析もできますし、恐らく大きな戦況の反転には寄与しないと思われます。

明らかにやる気が感じられない予備役の兵士たちの姿が映し出され、経験・訓練不足な彼らはウクライナ軍による反転攻勢が激しい前線に送られるに違いないという報道がなされていますが、これは本当に実情を映し出しているのでしょうか?

多方面から届けられている情報を分析してみると、かなりの違和感を抱く状況にあることを申し上げておきたいと思います。

中には、ウクライナとの“戦い”そして同胞ロシア人を守るための戦いに自らも加わる機会を得たことに喜びを感じてしまう予備役の兵もいるようです。

そしてメディアによって描写される“状況”とプーチン大統領の意図の分析に対して違和感を抱かせるもう一つの要素が、今週に入って行われた4州での“一方的な”住民投票の存在と意味です。

結果については分かり切っていたことなので、9割以上のロシアへの編入への支持が示されたという“結果”には驚きません。

今回の結果を受けて各州の親ロシア人勢力はプーチン大統領に対してロシアへの編入を申請し、30日にはプーチン大統領がそれらを“承認する”と予想されています。

クレムリン宮殿前の赤の広場にはステージが作られ、そこでプーチン大統領が演説し、そして4州のロシアへの編入・帰還を祝うのだと言われています。

この記事の著者・島田久仁彦さんのメルマガ

初月無料で読む

 

ところで、このreferendum(住民投票)がもつ真の意味は何なのでしょうか?

いくつかシナリオが考えられます。

一つ目は、4州の一方的な編入により、当該州は、仮に国際社会が認めなくても、ロシアにとっては“同胞の土地”であり、ロシアの領土という主張が出来ることで、今後、ここで行われる戦いはウクライナおよび外国政府からの“侵略への対抗”もしくは“過激派の駆逐”という大義名分をつけることが出来るようになると言われています。

それはつまり「ロシアの領土に今、ウクライナとその後ろ盾のNATOが攻め込んできている」というイメージの創出と、ロシア国民の危機感を高めることで、対ウクライナ戦争におけるロシア軍の士気を再度高め、今度は戦争の意義を【自国の防衛】に看板を掛け変えることに繋がります。

ただ今回の予備役招集に対するロシア国内の反応・抵抗を見てみると、その狙い・シナリオがかなえられるかは分かりません。

二つ目は、【編入された“ロシア領内”に住むウクライナ人を、ロシア人として徴兵し、同胞と戦わせるという地獄のようなシナリオのベースづくり】が考えられます。

これにより、ウクライナ側の戦意喪失を願うということを狙うのでしょうが、ロシアに寝返ったウクライナ人を粛正するトレンドがウクライナ国内で活発化する中、ロシア側に強制的にでも徴兵されてしまったウクライナ人に対して、ウクライナ側からシンパシーが生まれるかは疑問です(ここはゼレンスキー大統領の腕の見せ所です)。

あまり伝えられませんが、今回のロシアによる侵略後、ウクライナ国内で親ロシア派のパージは実際に行われており、密告によって逮捕・監禁されて殺害されるというケースも多く確認されているようです。

今回のロシアによる侵略を受けて、ウクライナ国内の士気は高まっており、母国愛が燃えることになっていますが、それにそぐわない人に対する反動は、戦時ならではの心理状態ゆえでしょうか、非常にキツイものになっています。

ウクライナ人を徴兵するかは微妙ですし、その場合は、いろいろな意味でロシアが末期状態にあることを示唆することになってしまいますが、どうなるのか、しばらく見ておく必要があるでしょう。

ただ、ゼレンスキー大統領がロシア軍に吸収された4州の“ウクライナ人”に対して寛容な姿勢を示し、「彼らもこの蛮行の犠牲者であり、ウクライナは彼らを守る・許す」といった内容を公言することが出来れば、国内外の世論(ロシア国内世論含む)の流れが大きく変わることもありえます。これはかなりデリケートなミッションですし、かなり危険を伴う賭けになりますが。

三つ目のシナリオは、【ロシアによる核兵器使用の大義名分を無理くり作り出す魂胆】でしょうか。

プーチン大統領は2月24日にウクライナに侵攻した時から何度も繰り返している【ロシアが核兵器使用に踏み切る条件】として【ロシア領内への攻撃、ロシアの国家安全保障が外国勢力によって脅かされ、その脅威に通常兵器で対応できないと判断する状況】を挙げていますが、今回、ウクライナからの反転攻勢を受けている“ロシアと接続している”4地域を編入することで、反転攻勢を阻止する狙いが見えます。

ロシア、そしてプーチン大統領にとっては国際社会がこの編入を認めるか否かはどうでもよく、ロシアが一方的にでもこの地域を“ロシアの国土”という定義をした瞬間から、今月に入ってウクライナ軍が行い、NATO軍が支持している反転攻勢はすべて“ロシアに対する侵略行為”という定義づけをすることができるようになります。

そしてそのイメージは、プーチン大統領とその周辺にロシア本土防衛のためには核兵器の使用も辞さないという方針の基盤が築かれることを意味します。

この記事の著者・島田久仁彦さんのメルマガ

初月無料で読む

 

本当に核兵器を使用するか否か?

よくその問いが発せられ、ワイドショーなどでもいろいろな意見が交わされますが、私は実際の使用の可能性はまだ低いと考えています。

常に使える状況にあることは変わりませんし、今後、国内外からプーチン大統領にかかる圧力の度合いによっては分かりませんが、この「いつでも使える状態にあり、ロシアには自国防衛のために核兵器を使う権利がある」という姿勢は、かなり大きなプレッシャーをNATOおよび国際社会に与え、やっと盛り上がりだした対ウクライナ支援の勢いが萎む方向に進む力になるかもしれません。

実際に米国の戦争研究所(War Institute)も英国の王立アカデミーもその危険性を真剣に捉え、両国政府も核兵器使用の場合には大変な状況に陥るだろうとロシアに警告を発することはしても、非常に言葉遣いや対応には慎重な雰囲気を醸し出しています。

そして何よりも今週、ホワイトハウスおよび国務省からの命令という形で、駐ロシアアメリカ大使館が、ロシア国内にいるアメリカ人に対して即時退去を勧告したこと、そしてそれに英国が続いていることがとても気になります。

今回の予備役招集を受けた国内の混乱に巻き込まれないようにとの配慮に過ぎないとみる分析もありますが、実際には核兵器使用に関わる危機が高まったとの認識からの退避勧告ではないかとの分析も寄せられています。

ところで余談ですが、仮にロシアが核兵器を使用する場合、それはどこに対してでしょうか?

今回、編入した東南部4州でしょうか?それはないでしょう。

それでは、東南部4州の“向こう側”に対してでしょうか?これは少し可能性が高まってきますが、ロシア国内のみならず、欧州でも囁かれるのは、ザポリージャ原発などのウクライナ国内の原発への致命的な攻撃を“核攻撃”と位置付ける声も高まってきました。

街は破壊しないが、放射能汚染によって実質的に住めない土地にしてしまうと同時に、欧州に放射能被害が広がることを想定し、ロシアの軍事専門家の表現を借りると、「ロシアをコケにした欧州各国に対するチェックメイト」という可能性もあるかもしれません。

ザポリージャ原発に重火器を持ち込み、要塞化しているという情報が本当であれば、このチェックメイト分析は冗談では片づけられないかもしれません。

もちろん、可能性は低いとはいえ、戦況によってプーチン大統領は核兵器を使用するかもしれません。

アメリカも欧州各国も、非難し圧力はかけてきても、ロシアに対して核による報復攻撃をすることはないという見立てをし、あくまでも“ロシアを裏切った周辺国(バルト三国など)への攻撃”という位置づけからの使用・攻撃と位置付けた場合は可能性が高まります。

そしてここで注意したいのは、プーチン大統領の頭の中では、どうも国境の概念はなく、旧ソ連の勢力範囲はすべてロシアに属しているという示すことが多いことでしょう。

それはジョージア、スタン系の国々などへのNATO勢力の伸長もしくは駐留は“ロシアへの攻撃とみなす”というこじつけの可能性です。

この見解については、私は懐疑的ですが、ロシア政府内の血気盛んな方たちが最近このようなことを言い出したのは気にならざるを得ません。

そして最も恐れるシナリオは、“ロシアへの攻撃”認定をした際、プーチン大統領が核使用を行う場所・対象をキーウに設定するという内容です。

どの口が言うのか?という疑問はとても大きいのですが、「ロシアへの侵略は核使用を引き起こし、そして相手の心臓部を破壊する理由になる」という解釈がなされた場合、ロシアはウクライナの首都・キーウに核攻撃を加える可能性が否定できない気がします。

これは、今週に入って調停の準備にあたるグループに対し、多方面から「モスクワとキーウへの渡航は、通達があるまでは控えるように」とのお達しがきたことから考え出した嫌な可能性です。

この記事の著者・島田久仁彦さんのメルマガ

初月無料で読む

 

ここまで描いたような混乱の兆しを嗅ぎ取ったのか、ロシアに対して寛容だった国々の態度にも変化が見られるようになってきました。

例えば、中国については、10月の共産党大会前に混乱を望まないという内政的な事情もありますが、ロシアが長引かせようとしている戦争に対して苦言を呈するようになってきましたし、明らかに距離を置くようになってきました。

問題は党大会後、習近平国家主席の第3期が決定した後、どのような動きを見せるかですが、それは早ければ11月には見えてくるでしょう。

そしてインドについては、明らかに距離を取る方針が鮮明になってきました。

国連総会でのインド外相の演説はさすがにうまいなあと感心しましたが、【インドはどちらの肩を持つわけではなく、常に平和の味方だ】と述べ、激しさを増す欧米からのアプローチに釘をさすだけでなく、ロシアに対しても【これ以上の蛮行はインドの支持を失うぞ】というメッセージを出していると考えられます。

そしてモディ首相が先日の上海協力機構会議の際にプーチン大統領に【今は戦争をしている場合ではない】と苦言を呈したらしいという情報は、インドがどこまでもロシアの行動をサポートするわけではないことを示したと考えられます。

同様にトルコや中南米諸国、アラブ諸国、アフリカ諸国など、これまでサイドを明らかにしてこなかった“第3極”の国々も、予備役の招集と住民投票の強行を受けて、ロシアとの距離を広げ始めています。

ここに核使用の可能性がより現実味を帯びるような事態になった場合、これらの国々はどのような対応を取るのでしょうか?

各国の反応と対応はまちまちでしょうが、ここで上手に振舞いそうなのがトルコです。

最近はロシアとウクライナの仲介をする形で、双方の捕虜交換を実現させ、一気にプレゼンスを高めましたが、これはロシアにもウクライナにも一定の影響力を発揮できることをアピールする機会になりました。

まさにトルコ外交の巧みさと国際情勢の中のパワーハウスへの復帰を印象付け始めています。

今も侵攻しているウクライナでの戦争がどちらに転んだとしても、利益を得るための素地を着々と拡げ固めている印象を持っています。

さて実際にはどのような世界が待っているのでしょうか?その答えが見え始めるのは、ロシアが実際に30日に4州を編入し、ウクライナ東南部を“ロシア”に変える今週末かもしれません。

その後にどのような反応が実際に国際社会や国内で示されるのか、そしてプーチン大統領がそれらの反応にどう対処するのか、によっては、私たちは本当にもう後戻りできない状況に置かれることになるのかもしれません。

唯一の明るい話題は、ロシア政府内で停戦協議を支持する勢力が増えてきたことぐらいでしょうか。

以上、国際情勢の裏側でした。

この記事の著者・島田久仁彦さんのメルマガ

初月無料で読む

 

image by: Evgenii Sribnyi / Shutterstock.com

島田久仁彦(国際交渉人)この著者の記事一覧

世界各地の紛争地で調停官として数々の紛争を収め、いつしか「最後の調停官」と呼ばれるようになった島田久仁彦が、相手の心をつかみ、納得へと導く交渉・コミュニケーション術を伝授。今日からすぐに使える技の解説をはじめ、現在起こっている国際情勢・時事問題の”本当の話”(裏側)についても、ぎりぎりのところまで語ります。もちろん、読者の方々が抱くコミュニケーション上の悩みや問題などについてのご質問にもお答えします。

有料メルマガ好評配信中

    

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』 』

【著者】 島田久仁彦(国際交渉人) 【月額】 ¥880/月(税込) 初月無料! 【発行周期】 毎週 金曜日(年末年始を除く) 発行予定

print

シェアランキング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
MAG2 NEWSの最新情報をお届け