任天堂が絶好調、故・岩田社長が蒔いた種が大きく花開く

3385845788_a7e7fedd50_b copy
 

ここ最近、任天堂の業績が絶好調です。その理由は、以前同社の社長をつとめていた人物が深く関係しています。「日本人だけが知らない天才、任天堂・岩田聡社長の功績」という記事で詳しく紹介した、任天堂の元社長である故・岩田聡(さとる)氏。惜しくも2015年7月11日に胆管腫瘍のため55歳の若さで亡くなりましたが、岩田社長が情熱をかけた「想い」は今、世界中で花開いているようです。NY在住で『メルマガ「ニューヨークの遊び方」』の著者・りばてぃさんが、その数々の功績を振り返ります。

岩田さんの想いが導いた成功

誰かへの想い。

本当に強い想いは、その人が去ったあとでも残る。

誰かの想いに応えようとしたとき人間は自分が持っている能力以上の力を発揮できるのかもしれない。

そんなことを思わせる出来事があった。

ブログのほうでも取り上げたが今、任天堂が絶好調だ。

3月3日に発売した家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチが爆発的な売れ行き

アメリカでは、発売から2日間で任天堂アメリカ史上最も売れた端末となった。

またこのスイッチ用ソフトとして『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(The Legend of Zelda:Breath of the Wild)も絶好調!

スタンドアローン・ローンチタイトルとしては米任天堂史上最高となる売上を叩き出し超スーパー大ヒットとなった。

(ご参考)

ただ今、絶好調の任天堂のニューヨークの直営店「任天堂ワールド」Nintendo World

別記事でも画像付きで詳しく取り上げたが、任天堂元社長の故岩田聡(いわたさとる)さんがその新作ゼルダに出てくるのだ。

ゲーム内の平原外れの馬宿に岩田さんそっくりのキャラがいる。

髪型、メガネ、容姿など、どう見ても岩田さんのようなキャラクターのBotrickは、”山のヌシ”がサトリ山(Satori Mountain)に現れると教えてくれるそうだ。

岩田さんは、この新作ゼルダの開発中の2015年7月11日、胆管腫瘍のため55歳という若さで突然亡くなられた

このときのことについて、今年3月8日に掲載された雑誌ニューヨーカーのインタビューに対して、任天堂の代表取締役である宮本茂さんはこう語っている。

「ものすごく深い悲しみに包まれたのですが、不思議なことに、なぜか、皆、岩田さんがすぐそこで見ているような感覚がして、それがモチベーションになってゼルダをより良い作品に仕上げていくことができた」

(原文)

”The sadness runs deep. This is approaching spiritual talk, but we had the sense that he was watching over our work. That became a source of motivation, a drive for us to improve and be better.”

岩田さんが残した想いを背負って懸命に頑張った任天堂の皆さんからクリエイターとしての気概を感じずにはいられないエピソードだと思う。

(ご参考)

新作「ゼルダの伝説」に岩田さん!?で米国のゲーマーに感動の嵐

印刷する

人気のオススメ記事

  • 任天堂が絶好調、故・岩田社長が蒔いた種が大きく花開く
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい