あなたの家に潜む、飼いねこの命を奪うこれだけの危険

Photohota/ShutterstockPhotohota/Shutterstock
 

あなたの日常に癒しを与えてくれるねこ。家族も同然という方も多いかと思います。そんな大切な”家族”が命を落としてしまう危険が、家の中にもたくさん潜んでいること、知っていましたか? 悲しい思いをしないよう、医学博士でしゃべるねこを飼うしんコロさんが提唱する「ねこの命を守る7個条」をしっかり頭に入れておいてください!

ねこの命を守る7箇条

『しんコロメールマガジン「しゃべるねこを飼う男」』 Vol.075号より一部抜粋

メルマガ読者さんの中には、ねこを飼っている方は多いと思います。家庭内での事故は、人間だけでなくねこ達にも起き得ます。今日は、ねこに起きやすい家庭内事故の防止について一緒に考えてみるのはいかがでしょうか。皆さんはきっと既に色々気をつけられていることとは思いますが、幸せな毎日を決して悲しいものにしないように、今一度どのようなことに気をつけるべきか、一緒に考えてみましょう。

僕が思いつく、ねこに起こりうる家庭内事故を、「ねこの命を守る7箇条」としてリストアップしてみたいと思います。

(1)熱いものから目を離さない!

大量の熱湯などを鍋で沸かす時はコン奥を使ったり、鍋なども安定したものを使うのも良いでしょう。また、ねこが突然コンロの上に飛び乗ることもあります。キッチンがドアを閉められるのであれば、料理中はねこを入れないのが最も安全です。我が家のようにオープンになっている場合は、鍋に火を入れたら決して目を離さないことです。

また、キッチン以外でも熱を持つものはあります。古いタイプの石油ストーブなどは至近距離ではかなりの高熱になります。ストーブの上に飛び乗ったり、その上のやかんをひっくり返す可能性もあります。ペットがいても安全なタイプのファンヒーターなどを使うのが良いでしょう。その他、アイロン等でもやけどの可能性はあります。アイロンが熱いうちは目を離さないようにしましょう。

(2)風呂場にいれるべからず!

お風呂の浴槽でねこが溺死するという事故は恐らく家庭内事故のトップ3に入ります。日本のお風呂は深いので、使用後に水位が下がっている状態の所にねこが落ちると、足が底に届かず、なおかつ淵に掴まることもできないということが起き、溺れてしまうことがあります。残り湯があたたかいので浴槽の蓋の上でくつろぐのが好きなねこも多いですが、これは危険なのでやめて下さい。お風呂には入れないようにするか、使用後は水を抜いて下さい。蓋があっても安全ではありません。蓋ごとねこが浴槽に落ちて、蓋が邪魔して這い上がれないなどの事故も起き得ます。

また、洗濯機も要注意です。洗濯する服の中にもぐってしまうねこもいるので、ねこが入っているのを気づかず洗濯機を回してしまう危険性もあります。特にドラム式の洗濯機は、一度回し始めるとすぐにドアを開けられないものがあります。その短時間でもねこは窒息死します。洗濯機を回す時には、中にねこが入っていないことを確認しましょう。

(3)放置禁止なのはおもちゃだけではない!

ねこはおもちゃで遊ぶのが大好きですが、誤飲してしまいそうな小さいおもちゃや等は放置しないようにしましょう。目を離している時に飲み込んで窒息してしまうこともあります。

またカプセルや錠剤などのなども放置しないようにしましょう。薬をテーブルに出して、水をとりに台所に向かう一瞬でさえねこが飲み込んでしまうことがあります。代謝ができない薬だったら死に至ることもあります。

しおちゃんはつり遊びが大好きですが、体に絡みつく可能性があるも時には危険です。首と家具の足に絡んでしまい、もがいてさらに締め付けて窒息してしまう危険性もあります。ビニールの手提げ袋なども、手にもつ部分が輪になっており、ねこが首を通して絡みつく可能性があります。

さらに、メルマガの読者さんからのお便りでもありましたが、意外にあるのが箸やペンをくわえたまま高いところから飛び降り、それが脳に刺さってしまうというケースです。食卓の準備をしているほんのちょっとの隙に、ねこが箸をくわえて飛び降りてしまうということもあります。以前、しおちゃんも箸を齧る癖があって、それ以来僕も箸は放置しないようにしました。ペンなども、先が鋭利なものは、引き出しや安定したペン立てに入れるようにしています。

また、鋭利繋がりでは包丁を扱う時も注意です。意外に危ないのは包丁で食材を切っている時よりも、包丁を洗ったり拭いたりしている時など、気を抜いている時にねこがキッチンに飛び乗ってきたりした時です。包丁を扱う時は一時も気を抜かず、ねこの位置を把握しておきましょう。もちろん、包丁やナイフを放置することは論外です。

以上、これらの危険になる可能性のあるものが身の回りにないか今一度見回して、目を離したり留守にする時には必ずねこの手がとどかない所に閉まっておきましょう。

>>次ページ 飼い主のお尻も凶器に!

print

  • あなたの家に潜む、飼いねこの命を奪うこれだけの危険
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け