辛坊治郎氏が大胆提案。日本の人口減を食い止める画期的な手立て

shutterstock_135647015 copy
 

日本の出生率の低下はここ長らく社会問題として議論されていますが、2015年ついに日本の死亡者数が出生者数を逆転してしまったことはご存知でしょうか? この日本の人口減少について、『辛坊治郎メールマガジン』で辛坊さんは「国家の存立にかかわる」と重く受け止め、この問題の知られざる原因と解決策を提示しています。果たして、辛坊さんが提案する画期的な解決策とは?

日本の人口減少は過去最大の年間30万に

昨年の日本の出生数は厚生労働省の推定で約100万人です。これに対して、死亡者数は約130万人なんです。その差30万人は、どうやら過去最大らしいですが、当分この数字は加速度的に増えながら推移しそうです。つまり二年に一つ鳥取県が消滅するってことです。

日本の年金制度一つとっても積立制度でなく、勤労者層が高齢者層を支える方式であることを考えると、現役世代の減少は国家の存立にかかわります。何とかしなくちゃ、という訳で、表のメディアでは、若年層の待遇改善、女性が子育てしやすい環境の整備、さらには外国人労働者の受け入れなんかが提案されるんですが、即効性はないですよね。なんとかならんのか?

さあ、それじゃあ、年間30万人の人口減少を食い止める画期的な手立てはあるのか?あるんですねこれが。

実は確かに日本で生まれる赤ちゃんは現在年間100万人ほどですが、日本で生まれる命は130万くらいなんです。その差の30万人(去年は特異的に少なくて20万弱ですが)は、人工妊娠中絶で生まれる前に命を絶たれるんですね。別に私はキリスト教の保守派じゃないですから、女性の権利としての妊娠中絶に反対なんて野暮なことは言いません

でもね、妊娠中絶する母親って概ねすごく若くて、ぴっちぴちの肉体から健康に生まれてくる筈の元気な命を闇から闇に葬るって、可哀想っていうか、もったいなくないですか。この30万人が生まれてくれば、死亡者130万人とちょうどバランスが取れて、日本の人口減少は止まります。

それどころか、亡くなるのはほとんど高齢者ですから、その高齢者と入れ替わりに若い命が日本に生まれれば年金問題を始め将来の人口バランスのゆがみに起因するすべての問題が解決できます。

どうです、良いアイデアでしょ。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 辛坊治郎氏が大胆提案。日本の人口減を食い止める画期的な手立て
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい