人類初!全自動「農耕作」ロボの働きっぷりが想像を超えている

gif
 

なんとも画期的な全自動農業機械ロボットが登場しました。

それが「FARMBOT GENESIS」。

まずはこの動画をみてください。

全自動農作業ロボ FARMBOT GENESIS

動画をご覧いただければ、おわかりかと思いますが、この機械は横から横へ、上から下へ、前から後ろへと自由自在に動きながら、種まきから雑草取りまですべて全自動でおこないます。

こちらを開発したのはカルフォルニア拠点とする3名。

Metroによると、創業者のひとりRory Aronson氏はこのアイデアを思いついた経緯をこう話しています。

「大学時代にオーガニック農業のクラスを受講していたときに、このアイデアを思いつきました。ローカルの農家が最新のトラクター技術について話してくれました。”なんてクールなんだ。でも家庭菜園向けのハイテクな農業機械ってどこにあるのかな?”と思ったんです。このFarmBotこそが私の答えでした」

 

 

gif

種をまく作業も朝飯前

02

水まきだってできちゃう

工程を経て、ちゃんと芽がでてきた

ビーツやロメインレタス、マスタードグリーンなどが様々な種類の野菜が育ちます

この栽培管理もこの上なくラクなんです。

すべての工程をスマートフォンやタブレット、PCから操作することができる革新性を兼ね揃えています。

インターフェイス上からドラッグ&ドロップすることで種まき散水雑草除去などを簡単に植物の成長を管理することができます。

スクリーンショット 2016-08-09 18.32.49

インターフェースから野菜の成長を一元管理

 

「FARMBOT GENESIS」は、農業研究目的のためにオープンソースとしてこの技術を公開しています。

誰もがGitHubから入手することができ、カスタマイズすることもできるそう。

また「FarmBotジェネシス」は日本語にも翻訳されています。

こちらのマシーンの長さ1.5メートル~3メートルで、幅は50センチ~1.5メートルほどと小さめなので、家庭菜園にぴったりのサイズです。

キットは価格3,100米ドルで、先行予約を受付中です。

この機械さえあれば、半永久的に野菜を作り放題!

一家に一台設置という日も近いかもしれませんね。

 

source by: FARMBOT GENESIS, Metro

image by: FARMBOT GENESIS

文/MAG2 NEWS編集部

 

 

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    (株式会社J.Score)
  • 人類初!全自動「農耕作」ロボの働きっぷりが想像を超えている
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい