マクドナルドの反省。年末「チキンナゲット」提案で汚名返上なるか?

shutterstock_421077154
 

期限切れ鶏肉使用問題以降、顧客の信用を完全に失った日本マクドナルド。しかし先日掲載の記事「やればできる。死に体の日本マクドナルドを黒字化させた『鬼』改革」でもご紹介したような努力を積み重ねた結果、業績も回復の兆しを見せています。今回の無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』では、この問題に終止符を打つべくマクドナルドが仕掛けたキャンペーンについて、著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんがその行方を占います。

マックのナゲットキャンペーンは期限切れ鶏肉の使用問題を克服できるのか

佐藤昌司です。日本マクドナルドは12月19日、「チキンマックナゲット クリスマスキャンペーン」を12月23日~25日の3日間限定で開催すると発表しました。チキンマックナゲット30ピースを33%引きの税込750円で販売します。

今回のキャンペーンでは、クリスマスを迎える3日間において、家族や友人とのパーティーでシェアしながらチキンマックナゲットを楽しむことを提案しています。クリスマスシーズンは鶏肉の消費が増える期間でもあるため、鶏肉を材料とするチキンマックナゲットをこの時期に打ち出すことで販売につなげたい考えがあるようです。

お笑い芸人のダンディ坂野氏の「ゲッツ」を思わせる、正体不明の「怪盗ナゲッツ」の「ナゲッツ」ポーズを取り入れたパーティーゲーム「怪盗ナゲッツゲーム」を店内掲示ポスターやテレビCMで紹介するなどしてキャンペーンを盛り上げています。

今回のキャンペーンはマクドナルドの今後を占う試金石となります。というのも、チキンマックナゲットは「鶏肉」を使用している商品だからです。鶏肉といえば、2014年7月に発覚した期限切れの鶏肉を使用した問題を連想することができます。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR GWの10連休で日本市場はどうなる?年末の暴落危機は再び訪れるのか
    GWの10連休で日本市場はどうなる?年末の暴落危機は再び訪れるのか
    (株式会社新生ジャパン投資)
  • マクドナルドの反省。年末「チキンナゲット」提案で汚名返上なるか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい