ライザップがジーンズメイト買収、業績回復にコミットするのか?

11464105424_63ee94f2ce_k copy
 

「結果にコミットする」というキャッチコピーで、芸能人や一般の方がダイエットに成功するCMをバンバンうち、瞬く間に名を売った「ライザップ(RIZAP)」。最近では英会話教室の経営に進出し話題となりましたが、今度はジーンズメイトなどアパレル会社の買収にも乗り出したようです。その先にある狙いとは? 無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんが分析します。

ライザップがジーンズメイトを買収、業績回復にコミット

佐藤昌司です。ライザップRIZAPはジーンズメイトの復活にコミットできるのでしょうか

トレーニングジム「RIZAP」を展開するRIZAPグループは1月16日、ジーンズを核にした衣料品店「ジーンズメイトJEANS MATE)」を買収すると発表しました。株式の公開買い付け(TOB)と第三者割当増資で連結子会社化を目指します。

ジーンズメイトは衣料品製造卸売業「西脇被服本店」が前身です。1978年にジーンズメイトを初出店し小売業を開始します。その後、主に首都圏の駅周辺や繁華街にある商業施設内を中心に店舗網を拡大していきました。2000年には東証一部に上場しています。

売上高のピークは2000年2月期の247億円でその後は低迷します。アパレル不況やユニクロなどとの競争の激化が大きく影響しました。そして、サブプライムローン問題に端を発した景気悪化の影響により業績は急激に悪化し、2009年2月期の最終損益は赤字に転落します。2016年2月期まで8期連続となる最終赤字が続いています。

一方、ライザップの業績は好調で、飛ぶ鳥を落とす勢いです。2012年4月にライザップを神宮前に出店し、ライザップ事業を本格稼働させました。2012年3月期の売上高は134億円でしたが、ライザップの本格稼働が功を奏し、2013年3月期は前年比32.7%増の178億円にまで増加しました。2016年3月期は554億円にもなっています。

ライザップは美容関連分野と健康食品分野、そしてライザップ事業を中心に成長を果たしてきました。一方で、2012年からマタニティウェアなどを販売する「エンジェリーベ」、婦人服を販売する「馬里邑」、婦人服と紳士服を販売する「アンティローザ」、婦人服を販売する「夢展望」、婦人服を販売する「美鈴」などを子会社化するなど、アパレル事業に注力しています。

ライザップは事業の範囲を「自己投資産業」と位置付けています。単に物やサービスを提供するのではなく、自己投資を通じて消費者の夢や願望の実現を手助けすることを包括的に行うことを目指しています。さらに、その結果にコミットすることを標榜しています。

print

  • ライザップがジーンズメイト買収、業績回復にコミットするのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け