株価もパニック。米アマゾンの1.5兆円買収劇に見え隠れする野望

shutterstock_613732241
 

先日、ネット通販最大手「アマゾン」が、アメリカの高級スーパー「ホールフーズ」を1.5兆円で買収することを発表しました。これにより、アマゾンは2001年に倒産した「ウェブバン」以降、誰も手を出そうとしなかった生鮮食料品のオンライン販売に乗り出すことになります。Windows95の設計に携わった世界的プログラマーの中島聡さんはメルマガ『週刊 Life is beautiful』で、この一件に関連して自身が4年前に出した「アマゾンに関する予測」が現実になりつつあると記しています。

アマゾンによるホールフーズの買収

先週の金曜日、アマゾンによるホールフーズの買収が発表され、これが株式市場を大きく動かしました。アマゾンの株価が大きく上昇し、ターゲット、コストコなどの小売ビジネスの株価が軒並み下がったのです。

なぜオンライン・ビジネスを展開するアマゾンが小売店舗を持つホールフーズを買収することになったのかは、これまでのアマゾンのアマゾンフレッシュへの取り組みに目を向ければ理解できます。

アマゾンがアマゾンフレッシュを使って生鮮食料品の市場への参入を狙っていたことは、ここでも何度か書いてきましたが、とても慎重でした。数年前に、地元シアトルを含む、ごく一部だけでの限定サービスとしてローンチはしましたが、全国展開をすることもなく、サービスの微調整を繰り返しながら、顧客の反応を見る、ということを続けていました。

print
  • PR まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    (株式会社J.Score)

  • 株価もパニック。米アマゾンの1.5兆円買収劇に見え隠れする野望
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け