北朝鮮は「前座」なのか? 中国を本気で挑発しだしたトランプの警告

 

米中ロ朝の現状

米中ロ朝の現状を知っておきましょう。

まず、北朝鮮から。金正恩はアメリカの脅威に怯えています反米の指導者、たとえばフセイン、カダフィは、殺された。シリアのアサドは、ロシアに守られている。しかし、アメリカは、可能であれば彼も殺すでしょう。

特にリビアのカダフィの例は、金正恩を恐怖させます。カダフィは、イラク戦争が始まった03年、「核兵器開発」を放棄しました。国連安保理は、この決断を評価し、リビア制裁を解除した。しかし、彼は8年後、米英仏に攻撃され、殺された。

こういう例もあるので、金正恩は、アメリカを信用することができない。「核兵器を放棄したら俺も殺されるだろう」と感じているはずです。

スイス・ジュネーブで開かれている「軍縮会議」で北朝鮮の代表は、こんな発言をしています。

北朝鮮の外交官、ジュ・ヨンチョル氏は米国による「絶え間ない核の脅威」にさらされているのだと主張した。ジュ氏は、北朝鮮による「核の抑止力を高め、大陸間ロケットを開発するという措置は、このようなあからさまで現実の脅威に直面するなかでの、正当な自衛の選択肢だ」と述べた。
(同上)

次、アメリカ。アメリカはこれまで、北朝鮮の核開発を止めることができませんでした。理由は、「武力行使ができなかったから」です。なぜできなかったかというと、「北朝鮮を攻めれば韓国人が100万人死ぬ」と言われているから。

また、「どうせ北朝鮮の核兵器は、アメリカ本土に届かない」ということで、切迫感がなかった。しかし、今年7月、北朝鮮は二度ICBM実験を成功させた。アメリカの専門家たちも、「ニューヨークを攻撃できる可能性がある」と分析している。

もはや北朝鮮の核は、「アメリカ自身の問題アメリカ自身の脅威」になった。こうなると、「韓国には申し訳ないが、アメリカはアメリカ自身を守らなければならない」となり、戦争の準備が着々と進められています。

とはいえ、誰も100万人の犠牲者など望みません。それで、「制裁強化で北朝鮮を交渉に引きずり出したい。しかし、両国は、条件に決定的差があるので、なかなか難しい。

  • アメリカは、北朝鮮の核兵器を放棄させたい
  • 金正恩は、「核を放棄すれば、カダフィのように殺される」と信じているので、インド、パキスタンのように、「事実上の核保有国」として認めさせたい(つまり、核放棄はしない)

そして、制裁もあまり効果がないのです。なぜかというと、中国・ロシアが、北朝鮮を守るから。

最後、中国・ロシア。中ロが、「北朝鮮の核兵器保有を望まない」「金正恩に困っている」というのは事実でしょう。しかし、それは、「北朝鮮が核兵器をもつと、核保有の寡占体制が崩れるから困る」「アメリカの同盟国、日本・韓国が核保有する口実ができる」「金正恩は、いうことを聞かない」などの意味。「グアムにミサイルを撃ち込む」と脅されているアメリカとは、全然次元が違います。

そう、北朝鮮は中ロの脅威ではないのです。むしろ地政学的位置づけは、「アメリカの侵略を止めてくれる緩衝国家』」。だから、文句を言いながら、中ロは北朝鮮を守ります

確かに、金正恩は、素直でない。しかし、金王朝が崩壊し、アメリカの同盟国韓国を中心に朝鮮半島が統一されればどうでしょう? 北朝鮮と中国の国境付近にアメリカ軍基地ができ北京を攻撃できるミサイルが配備されるでしょう。そう考えると、わがままな金正恩の方が、「まだマシ」なのです。

アメリカは、そういう事情で、中ロを制裁します。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR GWの10連休で日本市場はどうなる?年末の暴落危機は再び訪れるのか
    GWの10連休で日本市場はどうなる?年末の暴落危機は再び訪れるのか
    (株式会社新生ジャパン投資)
  • 北朝鮮は「前座」なのか? 中国を本気で挑発しだしたトランプの警告
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい