「シニアに健康を売る」店が絶対にハズさないこれだけの理由

shutterstock_568588459
 

悲観的に語られることが多い少子高齢化社会ですが、大きなビジネスチャンスもあるようです。無料メルマガ『がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!』では著者で現役コンサルタントの梅本泰則さんが、どの世代よりも健康でいたいという思いが強いシニア世代をターゲットにしたスポーツショップ運営法を、具体的に記しています。

シニア市場を狙う

もう6年以上も前になりますが、当メルマガ第250号では「シニアをお客様に」というテーマでお話をしました。

シニアをお客様に

その時、シニアを対象にしたスポーツショップを作ろうというのが骨子でした。しかしその後、シニア対象のスポーツショップが出来たという情報は入ってきていません。なかなかむずかしそうですね。

とはいえ、シニアの人口はますます増えていきます。人口の多い市場を狙うのは、ビジネスの常道です。総務省の資料によれば、2015年の65歳以上の人口は約3,350万人います。その今後の人口予測は、次のようです。

  • 2020年:3,610万人
  • 2025年:3,660万人
  • 2030年:3,680万人
  • 2035年:3,740万人
  • 2045年:3,860万人

一方、15~64歳の人口は、2015年の7,630万人から2045年には5,350万人となり、0~14歳の人口は2015年の1,590万人から2045年1,010万人と、いずれも減少していく予想です。シニア市場の大きさが分かりますね。

そこで、シニアの人達について考えてみましょう。何といっても、シニアの人達が最も関心を持つことは「健康でいたい」「若々しくありたい」ということではないでしょうか。そのために、スポーツは大きな役割を果たすことができると思うのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 「シニアに健康を売る」店が絶対にハズさないこれだけの理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい