金正恩が「核放棄」の意思を明確に。どこまで信用できるのか

kitano20180308
 

平昌五輪をきっかけに、急速に改善に向かっているとも見られる朝鮮半島情勢。「金正恩氏が非核化の意思を明確にした」との報道も。しかし、無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際関係アナリストの北野幸伯さんは「北が核放棄に応じるとは考えられない」と厳しい見方を示し、その理由についても詳述しています。

南北首脳会談へ 金正恩の本音は???

皆さんご存知と思いますが、金正恩は3月5日、訪朝した韓国の鄭義溶国家安保室長ら特使団と平壌で会談しました。何が決まったのでしょうか? 毎日新聞3月6日から。

韓国大統領府は6日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が4月末に、南北軍事境界線にある板門店(パンムンジョム)で首脳会談を開催することで合意したと発表した。

大ニュースですね。4月末に、文さんと金さんが板門店で会談すると。

首脳間のホットライン設置でも一致した。
(同上)

これからは、文さんと金さん、ホットラインで直接話せるようになる。

北朝鮮側は韓国が派遣した特使団に対し、米国との非核化をめぐる協議と米朝関係正常化のための対話に応じる用意があると表明するとともに、
(同上)

アメリカと非核化に関する対話をする用意がある。

さらに、北朝鮮は「朝鮮半島非核化の意思を明確にした」といい、北朝鮮に対する軍事的脅威が解消されて体制の安全が保証されれば核保有の理由がない、と明らかにした。核兵器だけでなく通常兵器で韓国を攻撃しないことも確約した。
(同上)

これも仰天です。「朝鮮半島非核化の意思を明確にした」そうです。つまり、あれだけ大金と情熱を注ぎこんで開発を進めてきた核兵器を放棄する意志があると。もちろん、放棄の条件がある。

軍事的脅威が解消されて体制の安全が保証されれば核保有の理由がない
(同上)

対話が続いている間は核実験や弾道ミサイル発射を凍結する意思を示した。また、米韓が4月からの合同軍事演習を例年と同じ規模で実施することを「理解する」と表明した。
(同上)

北朝鮮は挑発を止める。そして、米韓合同軍事演習の実施を容認する。金正恩の本音は、なんなのでしょうか?

印刷する

人気のオススメ記事

  • 金正恩が「核放棄」の意思を明確に。どこまで信用できるのか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい