「うちでは無理」っていつになったらその殻を破るつもりですか?

shutterstock_345514535
 

うちの業界ではちょっと…という言葉、ビジネスマンなら一度は耳にしたことありますよね。無料メルマガ『ビジネス真実践』の著者で戦略コンサルタントの中久保浩平さんによると、企業へアドバイスする際、「うちの会社では無理」「業界が特殊だから無理」という声をよく聞くそうです。しかし、中久保さんは「そんなもの関係ない」とバッサリ。その硬い殻を破らなければ、いつまでたっても業績が上がらないそうですよ。

うちの会社は、業界では、という思い込み

マーケティングや営業に関する相談を受けて一緒になって考えたり、アドバイスを差し上げたり…。ケースによっては、「以前、○○会社ではこんなことを試して上手くいったのですが御社のヒントになりませんか?」と、他業界での事例を提案してきたのですが、こうした時決まって、「いやぁ~うちの会社では無理ですね~」とか「うちの業界は特殊ですから、思い切ったことをすると周りから睨まれたり叩かれたりするので、厳しいです」というような返事を返す人がいました。

で、結局は今までどおりの手法に沿っていき、パッとしない状況が続きます。パッとしないだけならまだしも、ジワジワとジリ貧になっていく会社も多くありました。クライアント自身が決断することなので、別に良いのですが、現状を打破し、殻を破り、さらなる成長や発展を目差すのであれば業界の慣例やこれまでのやり方に固執してしまうと思考、行動の停止から完全にブレーキとなり、決して現状以上の成長や発展は見込めません

他社で上手くいった成功事例をそのまま当てはめろというのではなく、成功事例をヒントにする、ということは、応用力が求められます。そう、応用するには、思考しなければなりません行動も共にしなければなりません。それが、面倒だったり、やったことがないというだけで、「うちの会社では…」とか「うちの業界では…」などと言っているのです。

あるいは、知らず知らずのうちに「うちの会社は…」「うちの業界は…」という思い込みにより築かれていった固定概念を壊すことが出来ずに視野や発想を狭めているのです。そして、応用がいらず自社にそのまま当て込むことができたり、固定概念を崩さないまま使えるノウハウや法則、テクニックなどを探し求めるようになるのです。そのほうが楽だからです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 「うちでは無理」っていつになったらその殻を破るつもりですか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい