これから危ない「屋内の熱中症」。なぜ予防にはアレが役立つ?

shutterstock_724202737
 

これからの季節、意外と油断してしまうのが屋内でかかる「熱中症」。高齢者や子供は命を落とす危険性もある症状ですが、予防する方法はないのでしょうか? 今回の無料メルマガ『システマティックな「ま、いっか」家事術』では著者の真井花さんが、その対策を紹介しています。

熱中症には温度計

さて、本日は解りにくくなるもののお話。

今年の夏は暑くなりそうですね。今年は春が早かった分、身体を暑さにならす時期がずれてしまっていますよね。こういうときにガツンと暑い日が来ると熱中症になってしまうかもしれません。

こういうときは

  • エアコンを適切に使用して…

そうそう、人間が生きていけるくらいの温度に設定しないとね。と、ごくカンタンに考えていたんですよ。

ところが先日。同居している義母にコーヒーが入ったよと声をかけて部屋のドアを開けると

  • も熱わもわ熱もわも温わ~~

とほとんど熱気といっていい空気が押し寄せてきました。しかも、(薄手とはいえ)ニットのベストを着てる!!(@@;)!!

義母はもともと寒がりなのですが、それにしても25度を軽く超える外気温の日に

  • 暖房がかかっているの?(@@;)??

な室温で平気でいるのは、ちょっとヘン。要は

  • 暑さや寒さに対する感度が下がっている

ということなんでしょう。熱中症というと、屋外で部活でもやっているコーコーセーとかがなりそうなイメージですが、実は熱中症の大半が

  • 屋内

で起きているんです。しかも、

  • トシヨリコドモ

なんです。要は、暑さや寒さへの感度が低く、しかも対処が遅くて下手ってことなんでしょう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • これから危ない「屋内の熱中症」。なぜ予防にはアレが役立つ?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい