ミステリーショッパー方式で判明、医師の露骨な「手抜き」実態

shutterstock_1077125999
 

近年、世界的に医療の医療関連の技術の進歩はめざましく、大昔に比べて多くの命が救われるようになりましたが、まだ「最低限必要な医療」を受けられない人々が数多く存在しているのも事実です。さらに問題なのは、医療に関わるドクターの「質」。この質が著しく低下している事実を突き止めた調査方法は、あの「ミステリーショッパー」方式でした。メルマガ『ドクター徳田安春の最新健康医学』の著者で現役医師の徳田安春先生は、世界銀行がおこなったこの調査方法によって、世界中の医師たちが「手抜き」をしていたという驚きの実態を紹介しています。

ミステリーショッパー方式によるプライマリケアの質評価

様々なデータを見てみると、現代は人類が最も健康を達成しているといえます。西暦2000年以来、子供が5歳未満でなくなる割合は約半分も減りました。この同じ期間で、人類の平均寿命は約5歳も伸びており、現在では71歳となっています。世界で子供が予防接種を受けることができる割合も過去最高となりました。世界3大感染症のマラリア、結核、そしてHIV感染症による死亡者数も減少傾向となっています。

しかし、医学の進歩による可能性と、実際に行われている医療ではまだまだギャップがあります。WHO(世界保健機関)が最低限必要な医療と呼ぶサービスにアクセスできない人々地球上にまだ約半数もいるのです。そして、人々の健康を確保するためには、ユニバーサルヘルスケア(必要最低限の医療にアクセスできるようにするシステム)を確立することが非常に重要であることがわかってきました。

ユニバーサルヘルスケアは、国民を全てカバーすることが前提ですが、最近では、そのクオリティーが課題であることがわかりました。正式に認定された医師看護師以外の、個人従事者などの人々が多くの国々で医療活動をしています。実はバングラデシュの70%、ナイジェリアの40%、ケニアの30%の医療は、医療従事者として正式に認定されていない人々によって行われているのです。

ユニバーサルヘルスケアは質の時代へ

世界的には、プライマリーケアに従事するドクターの質も課題です。最近、世界銀行が興味深い研究結果を発表しました。ミステリーショッパーによる覆面調査を利用したスタイルの調査研究です。ここで言う「ミステリーショッパー」とは、一般の客に紛れて対象となる店を訪問し、店側に気づかれないように注意しながらサービスや接客態度などについて調査を行う覆面調査員のことです。もともと、依頼主は店を運営する企業で、顧客目線での評価を知り、業務改善に役立てることを目的として行っていました。

世界銀行は、ミステリーショッパーを医療現場でのサービスを評価するのに用いたのです。ミステリーショッパーの役割として模擬患者が参加。この模擬患者とは、もともと医学生の教育のために患者役のプロとして仕事している人々で、医療サービスを評価するミステリーショッパーとしては理想的だったのです。基本的な重要疾患についての典型的な症状を訴えたときに、どのような問診診察時間検査、そして治療行うかどうかを評価するものです。

この模擬患者によるミステリーショッパー調査によって、様々な国でのプライマリーケアの質の評価ができるようになりました。しかし、その結果はかなり厳しいものでした。中国では平均診療時間が約1分半。同じように、インドでは約3分間でした。多くの場合、問診で聞かれる質問は「何が悪いのですか」の一言のみ。そして最大の問題は、診断の正確度が低いことでした。インドでは約30%で、中国では約26%と散々です。パラグアイやセネガル、そしてタンザニアで行われた調査でもほぼ同様の結果でした。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • ミステリーショッパー方式で判明、医師の露骨な「手抜き」実態
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい