接客の極意は「動いて待つ」。ではどう「動く」のが正解なのか

shutterstock_558976039
 

店内で自由に商品を閲覧しているお客様に、「営業トークの声掛け」をしないと売上げに結びつかないのは当然ですが、声をかけるときの動き方ひとつで購入率に大きな差がでるのはご存知でしょうか。今回の無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』では著者で接客販売コンサルタント&トレーナーの坂本りゅういちさんが、「売るぞ!」という気持ちが滲み出てしまうNGな動き方を紹介しながら、ストレスを与えにくい接客方法を記しています。

「動いて待つ」の意味

第一印象やファーストアプローチのような場面で、「動いて待つ」(=動待機)ことの重要性は、読者の皆様もよくお分かりのことと思います。

大昔の百貨店のように、手を組んでただじっとお客様を待っていたり、入店してきたお客様をじっと見つめていては、獲物を狙っている鷹のような状態になってしまい、お客様は逃げてしまうからです。

お客様に精神的なストレスを与えないようにするためにも、常に動いておくことは重要ですよね。

しかし、このことをわかっていても、結局同じようにお客様にストレスを与えてしまう販売員もいます。なぜなら、「動いて待つ」の「動く」の部分をあまり理解していないからです。

実は先日も、ある研修の中でロールプレイングをやっていたら、こんなようなことがありました。お客様役の人が商品を見ていると、販売員役のスタッフはとにかく動いているのですが、結局声かけを失敗してしまうのです。

というのも、確かに動いてはいるのですが、その動き方に問題があったんですね。お客様役の後をつけるように移動しているだけだったり、手を組んだまま位置を変えているだけだったりしたのです。

これでは、物理的に動いてはいるものの、じっと待っているのと何ら変わりはありません。お客様は「私、狙われてるな」としか感じず、販売員を敬遠してしまいます。

「動いて待つ」の意味とは、そういうことではありません。大事なのは、お客様にストレスを与えないような動きができているかどうかということです。それができて初めて、「動いて待てている」状態になります。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 「定年を前に、住宅ローンが…」そんな悩みを解決する画期的方法とは
    「定年を前に、住宅ローンが…」そんな悩みを解決する画期的方法とは
    (SBIエステートファイナンス)
  • 接客の極意は「動いて待つ」。ではどう「動く」のが正解なのか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい