世界に拡がる反トランプの輪。結束のEU、ロシア、中国に日本は?

shutterstock_778909333
 

アメリカファーストを貫くトランプ大統領のエゴ路線が、巡り巡って自国の首を締める可能性が大きくなってきました。国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、7月のNATO首脳会議以降、ドイツがロシアや中国と米の保護主義に対抗する動きをみせている事実をあげ、このままではアメリカは深刻なダメージを受けかねないと記しています。

プーチンとメルケルが、反トランプで一体化

プーチンとメルケルが、反トランプで心を一つにしました。なんの話???

独ロ首脳が会談、トランプ氏への対抗で歩み寄りか-パイプライン推進

ブルームバーグ 8/20(月)3:56配信

 

ロシアのプーチン大統領とドイツのメルケル首相は18日にベルリン近郊で会談し、シリアやウクライナ、イランの情勢や米国の関税などについて長い時間をかけて詳細に話し合った。ロシア大統領府のペスコフ報道官が明らかにした。

プーチンとメルケルが、「シリア」「ウクライナ」「イラン」「アメリカの関税」などについて、長時間話しあったそうです。しかし、最大のテーマは、この4つではありません。

同報道官が記者団に語ったところによれば、両首脳は「ノルドストリーム2」ガスパイプライン・プロジェクトの推進でも合意した。トランプ米大統領は先月、ドイツが天然ガス供給をロシアに依存していることについて「ロシアに完全に支配されている」と批判したが、独ロ両首脳は「このプロジェクトを政治化するのは全く間違っている」とし、完成させるべきだとの考えで一致したという。
(同上)

これは、なんでしょうか? 7月11日、ブリュッセルで、NATO首脳会議が開かれた。ここでトランプは、他の加盟国を批判しました。理由は、「軍事費が少な過ぎる!」。特に、欧州最大の経済大国ドイツがターゲットにされた。ドイツの防衛費は、GDPで1.2%(アメリカは、GDP比2%を要求している)。

そして、トランプは、ロシアとドイツを直接結ぶ海底ガスパイプライン「ノルド・ストリーム2計画を激しく非難しました。「ドイツは、ロシアに完全に支配されている!」と。これは、何?

欧州はロシアにガスを依存しています(総消費量の約3割)。ロシアからのガスはこれまで、主にウクライナを経由するパイプラインで、欧州に送られていた。ところが、ロシアとウクライナは仲が悪く、しばしばケンカする。それで、ロシアと西欧は、「ウクライナを経由しないルートが必要」という認識で一致。ロシアードイツを直接結ぶノルド・ストリーム」が作られた(2011年稼働)。

その後、ロシア、ウクライナ関係は、2014年のクリミア併合で、ますます悪くなった。それで現在、「ノルド・ストリーム2」計画が進んでいるのです。トランプは、このパイプライン完成で、欧州のロシア依存がさらに強まるとして、プロジェクトに反対しています。

他にも理由がある。一つは、パイプライン完成で、親米反ロ・ウクライナ政権にトランジット料が入らなくなる。二つ目は、アメリカ自身が欧州に液化天然ガスを売りたい(アメリカは、シェール革命で、世界一の石油・ガス大国になった)。

ところが、メルケルに脅しはききません。今回、仲よくプーチンと、「ノルド・ストリーム2は作るよ!」と宣言した。トランプがドイツ西欧とロシアを結びつけた形です。

2014年のロシアによるクリミア併合以降、メルケル首相はプーチン大統領を厳しく批判してきたが、今回の訪独招請はプーチン氏の孤立を打破する動きだ。プーチン氏が独国内でメルケル氏と2国間会談を行ったのは13年以来。
(同上)

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 世界に拡がる反トランプの輪。結束のEU、ロシア、中国に日本は?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい