なぜメンタルが強い人は「もうダメだ」を絶対に口にしないのか

shutterstock_208422298
 

学歴やコネが無くても年収1,000万円になれるスキルをセミナー等で多くの人に伝えている佐藤しょ~おんさんですが、かつてはいつメンタルがやられてもおかしくないほどのハードワーカーだったそうです。それでも自分を保てたのは、「もうダメだ」と決して思わす口にもしなかったからだったといいます。佐藤さんは今回、自身の無料メルマガ『サラリーマンで年収1000万円を目指せ。』でその理由と、「もうダメだ」と投げ出すことが習慣になるとどれだけ危険かについて記しています。

もうダメだと思わない

サラリーマン時代を振り返ると、何度も過労死しそうなくらい働いた時というのがあるんです。時給1,600円の契約社員の時に、残業を月に200時間した時もそうですし、その10年後に部長になりたての頃に、猛烈なプレッシャーでマネジメントをした時もそうです。部下のチームで事件が起こって、その後始末のために事故対策チームを作った時には、体重が40キロを切ったこともありました。

どれひとつとっても、人によっては倒れるか、心療内科のお世話になるか、ヘタしたらウツになってもおかしくなかったかも知れません。

そのような最悪の結末にならなかった要因はいくつかあるんですが(過去何度かご紹介していますよね)、今まで書かなかったことで「これは!」と思い出すことがあったので今回ご紹介します。

それは、私がいつの時でも、どんな状況でも決して、「もうダメだと考えなかったからなんです。え? そんな簡単なこと?

これは言うほど簡単じゃないんですよ。

人間って肉体の前に、精神、こころがポキッと折れるものですから。負荷が掛かってそれを頑張って乗り越えて、これだけやったんだからもう峠は越えただろうと思った刹那、足下が崩落してスタート地点よりも後ろに後退してしまった。その状態でタイムリミットだけは無情にも近づいて来る。となったら、誰でも諦めますよね。

そう、その諦めると決めた、決断した瞬間にクチから出て来る言葉が、「もうダメだ」なんですよ。

  • ちくしょ~、もう一丁やってやるぞ!
  • まだまだ諦めて堪るか!
  • この程度のハードルは織り込み済みだよ
  • よし、イチからやり直すぞ

と考えている人は決して、「もうダメだ」とは言わないモノですから。

ここは多くの人が気付いていないポイントなんですけど、「もうダメだ」という想いは、

  • ここまでやったんだから、ここで諦めても良いよね
  • もうこれ以上は出来ない、ダメだと自分に宣言しよう
  • これ以上頑張らないと決めてしまおう

という未来を今すぐ作るぞ、と決断するのと同じなんです。

そしてこの呪文は強烈な力を持っているので、これをクチにした途端に状況がさらに悪化してここから踏ん張るとかやり直すという気にならない状況に陥るんです。なんたって、その手前でもう諦めてますから、そこから状況が悪化したら投げ出すに決まってますよね。

逃げ出せないプレッシャーの中で、この状況になると過労死とかウツになるんです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • なぜメンタルが強い人は「もうダメだ」を絶対に口にしないのか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい