何のために聞いてるの?アドバイスを受け入れない経営者の末路

shutterstock_735692488
 

戦略コンサルタントとして、多くの経営者に日々アドバイスや提案を行っている無料メルマガ『ビジネス真実践』の著者・中久保浩平さん。今回はそんなご自身の経験から「成長する経営者の特徴」を紹介しています。

当たり前を疑う

様々な業界・業種の企業や店舗でコンサルティングをさせてもらってきた中でアドバイスやご提案をしても全く聞き入れないというクライアントもいらっしゃいました。

そもそも水と油的なことで考えが合わなかったり…とか、過去の成功法を捨てることができずにしがみついていたり…とか、相談してきてる立場で「言われなくても分かってるよ!」となぜか上から目線的だったり…、というような理由がほとんどでした。

一方で、

「そのような考えを持っていませんでした」
「そういう見方があったんですね」
「そんな風には考えてませんでした」
「そこは全く意識していなかったです。改善すべき課題が見つかりました」
「そうした意見は前からありましたが、やはり必要なことだったということがわかりました」

などと仰るクライアント達は、業績が明らかに伸びたり改善すべきが改善されたりと目に見て明らかに変化がありました。ということから、コンサルタントの経験でいくと、やはり素直な方の方が結果的に商売・ビジネスが上手く行くのは事実のようです。

今まで当たり前のこととして捉えていたものが実は外の世界では違って映っていた、普段気にもとめていなかったことが実は、進化・成長していく種だった、なんてこともあります。

「会社の常識は社会の非常識」
「業界の常識は世間では非常識」
「私の常識はあなたにとって非常識」

なんて言葉に例えられるように。

業績や規模が目に見えて成長していく企業・会社の経営者は、アドバイスや助言を受けたり、苦言を呈されても素直に受け入れ、次から次へと自らハードルを設定しそれを超えていきます。

当たり前を疑い検証し改善する。外部の空気を素直に受け入れ、取り組んでみる。それの繰り返しです。しかしながら、日々仕事をしているとツイツイ惰性で動き、

「これまではこのやり方でやってきたんだから」
「この業界ではそんなこと通用しないよ」

なんて考えることもあるこでしょう。ですが、それだけでは成長も変化もありません。場合によっては、これから先、生き残れません。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 何のために聞いてるの?アドバイスを受け入れない経営者の末路
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい