もう泣かない。服に黄ばみや虫食いを残さない「しまい洗い」とは

shutterstock_510916726
 

暑い夏もようやく過ぎ去り、衣替えの季節がやってきました。しかし…、久しぶりに去年しまった服を出してみたら黄ばみが…なんて経験、ありませんか?今回の無料メルマガ『美容と健康ひとくちメモ』では、大切な洋服を綺麗なまま来年に持ち越すワザを紹介しています。

“しまい洗い”が大切

衣替えのシーズンですが、もう終わりましたでしょうか?去年のシャツを久しぶりに出したら、襟元の色が変わっていた、なんて経験誰しも一度はあると思いますが、黄ばみや虫食いが発生するのは、収納する前にしっかり汚れを落としていないことが原因のひとつだそうで、気づいたときには、もう手遅れということもあるので、汚れを落としてから収納するしまい洗いが大切なのだそう。

夏服は特に汗や皮脂をたっぷり吸っているため、一見さほど汚れていないように見えても、一度着れば必ず汗や皮脂の汚れがついているので、丁寧なケアが必要だそうです。時間が経てば経つほど落としにくくなり、黄ばみや虫食いの原因になってしまいます。

衣類をいつまでもきれいに着るためには、衣替え前のケアが肝心。1シーズン分の汚れをしっかり落として収納する“しまい洗い”で、変色や虫食いを予防しましょう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • もう泣かない。服に黄ばみや虫食いを残さない「しまい洗い」とは
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい