【書評】護憲学者よ、安保関連法案が違憲なら自衛隊解散論を書け

1214_creater
 

戦後の日本が持ち続けている「ガラパゴス化した平和主義」を植え付けたのはGHQであり、その「マインドコントロール」を引き継いだのが朝日新聞である──。そんなショッキングな「事実」を綴りつつ、日本人の目を覚まさせるような究極の世論調査を提案する1冊の本を、今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』で編集長の柴田忠男さんがレビューしています。

91ObqNJhK1L

「反日」という病 GHQ・メディアによる日本人洗脳を解く
木佐芳男 著・幻冬舎

木佐芳男『「反日」という病 GHQ・メディアによる日本人洗脳を解く』を読んだ。中国や北朝鮮といった軍事的脅威がある国難の時代に、防衛のあり方を論議するのではなく、戦力をもたないとした憲法に手をつけるなと主張すること自体、どうかしている。異常だ。それを自覚してこなかったのが戦後日本だ。

GHQが日本人に大がかりなマインド・コントロールを慎重に実践してきたのは、我が国を非軍事化し民主化するだけでなく、アメリカを正当化する狙いがあった。結果、海外では通用しないガラパゴス化した平和主義や戦前を一方的に断罪する歴史観が醸成され、規模や徹底度で世界に類例のない「護憲」運動が生まれた。今もなお、日本人をマインド・コントロールするのが朝日新聞だ。

歴代政権は自衛隊を「9条が禁じる戦力ではなく必要最小限度の実力組織だ」と苦しい説明を以て合憲と解釈してきた。そこに戦後日本の自己欺瞞と病理を見る人は左右を問わず多い。著者は次のような、究極の世論調査を提案する。

設問:憲法第9条2項では「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」とされています。しかし、現実には、戦力である陸海空の自衛隊が存在していて、根本的な矛盾があります。これについてあなたのお考えをお聞かせください。

 

  1. 憲法9条を護持し、自衛隊を解体する
  2. 憲法9条を改正し、自衛隊を存続させる
  3. わからない、答えない

「自衛隊を国軍として位置づけるべきだ」という論もあるが、それを持ち出すと国民が混乱するから、ここまでは踏み込まない。この調査の目的は、憲法改正の国民投票を前提に9条をめぐる論点を整理し国民を啓発し議論を活発化させることにある。啓発が目的だから、何回か繰り返し実施するといい。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 【書評】護憲学者よ、安保関連法案が違憲なら自衛隊解散論を書け
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい