食品工場の敷地内に綺麗な花。これって異常じゃないですか?

shutterstock_270477590
 

毎日通い続けている職場ですが、その中で自分たちは普通だと思っている「光景」が、第三者からすると異常だと感じられるものも多い、とするのは食品安全のプロである河岸宏和さん。河岸さんは今回の無料メルマガ『食品工場の工場長の仕事』で、自身が工場監査の際に必ず伝えるという「職場を第三者の目で見ること」の重要性を記しています。

第三者の目で見ることの重要性

私が食品工場の監査に行った時には、「敷地の外から素人の方が写真を撮って、その写真の横に皆さんの工場の製品を並べてブログ、フェイスブック等のSNSに投稿したときに記事を読まれた方がどう感じるか考えた方がいいですよ」とお話します。

2013年5月にはうどんのお店のざるうどんのざるの裏にカビが生えていたと、フェイスブックに投稿され大きな問題になりました。たった一枚の写真が大きな問題になる可能性が出てきたのです。

ISO、HACCPなどの認証工場でも、敷地の外から写真を撮った時に食品工場とは思えない光景の工場があります。写真だけでなく、工場のそばを歩くだけで、異臭で鼻をつまみたくなる工場も私は見てきました。工場の中は許可がないと写真を撮ることは出来ません。しかし、工場の敷地の外からは自由に写真を撮ることが出来ます。工場の名前から、工場の中で製造している物は容易に推測がつきます。企業のHPから検索しても何を製造しているかは理解できるはずです。

ISOの監査員、防虫防鼠業者、毎日の納品業者などは異常な事と思わないでも、素人の方が工場のネットの外から工場を見ると異常に感じる事があるものなのです。

  • 従業員の車が歩道などに止めてある
  • 従業員が白衣のまま出社してきている
  • 白衣のまま工場の外を歩いている
  • 白衣のまま従業員が車の中で昼寝している
  • 製品が直接地面に置いてある
  • 製品の出荷が雨の中でも雨に濡れたまま配送車に積まれている
  • ゴミ箱が外に置かれたままになっている
  • 冷蔵庫のドアが外部から簡単に開ける事が出来る
印刷する

人気のオススメ記事

  • 食品工場の敷地内に綺麗な花。これって異常じゃないですか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい