就職率98%の時代に内定ゼロだった男がパソナの社長になるまで

shutterstock_150474926
 

今や2,000億円の売上を誇るパソナグループですが、わずか数坪のオフィスからのスタートだったことをご存知でしょうか。今回の無料メルマガ『ビジネス真実践』では著者で人気コンサルタントの中久保浩平さんが、そんなパソナの起業秘話を紹介するとともに、同社をここまでの大企業に育てたある「考え方」を記しています。

就職をあきらめ起業

1976年。当時の男子大学生の就職率は98%。大学に入り卒業さえすれば簡単に仕事に就けた時代。にも関わらず、100社を超える企業訪問をしても内定ゼロ。大学4年生だった彼は、就職活動が全く上手く行かずに焦っていました。

ある日の晩、彼の父親が言いました。

「就職活動はどないや?」
「全然アカン」
「そうかぁ。就職活動がいくらダメでもなんか感じるところはあるやろ?」

この言葉で彼は上手く行かない就職活動そのものに感ずることを思い巡らしました。

確かに男子学生は98%の就職率。だけど、女学生の就職率はわずか14%。自分よりも就職活動に苦労している人、女性が沢山いる。それに就職できたとしてもまだまだ男社会。結婚して子供を作れば、職には戻れない。

就職活動や職場環境、自分よりもっと大変な女性がたくさんいる…。そんな思いから、就職をするのではなく、ボランティアでもして「女性達に安心して働ける環境作りが出来ないものか?」と考えるように…。

そのことを父親に伝えると、

「それはアカン。ボランティアをするんじゃなく会社を自分で興せ。その利益からボランティアをしたらええ

商売人であった父親は、息子に起業を奨めました。彼は、きっぱり就職活動に見切りをつけ会社を立ち上げることにしたのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • 就職率98%の時代に内定ゼロだった男がパソナの社長になるまで
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい