教育委員会の小言すら喜んで聞けぬ学校側の危機管理意識の低さ

shutterstock_1114252097
 

児童を狙った事件の頻発で、学校側の危機管理への意識が高まっています。今回の無料メルマガ『「二十代で身につけたい!」教育観と仕事術』では現役教師の松尾英明さんが、現場であまり歓迎されない「教育委員会の訪問」を、学校の危機管理意識の再点検の契機にするという考え方を紹介しています。

危機管理と教育委員会訪問

大学の授業で、教育委員会の役割について学んだ。その中の、教育委員会による学校訪問と危機管理の関連について。

最近連続して起きている物騒な事件のこともあり、危機管理への意識が高まっている。ただ、これ自体は、常日頃から言われていることである。

学校の危機管理意識の点検、というと、日常の安全点検や避難訓練の他に、教育委員会の学校訪問が思い浮かぶ。そして、教育委員会の訪問というのは、教員からすると、嫌がる人も結構多いかと思う(実際「教育委員会が訪問しに来てくれてわくわくする!」という話はあまり聞かない)。

なぜ嫌がるかというと、結構細かいことを指摘されるからである。「普段内輪でなあなあにしていた痛いところを突かれる」という感じである。不祥事もこれに当たる。普段内輪がなあなあになっていると、ある日不意に起きる。日常点検のラインが甘いのである。

しかし、これは親や教師が普段から、自分の子どもに言っていることと同じである。要は、普段から口うるさいぐらいに言わないと、身に付かないからである。「トイレに行ったら手を洗いなさい」ぐらいの当たり前のことでも、繰り返し声をかけないと、やらない。自主的にやってくれるなら苦労はないが、当人はすぐに忘れるものである(ちなみに、高学年以降は確信犯である)。

危機意識の話に戻ると、例えば床のタイル一枚が剥がれてめくれ上がっているとする。これを放置しているということは、子どもが躓くかもしれないということを見逃している、という判断になるという。つまり、児童の安全を守る意識全般が低いことが想定される。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 教育委員会の小言すら喜んで聞けぬ学校側の危機管理意識の低さ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい