【書評】夢に出てくる。事故物件に住んだ男に起きた深刻な事態

[0614_creater]
 

相場よりもかなり安価で借りることができる、住人が不幸な死を遂げるなどした「事故物件」と呼ばれる不動産。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』では編集長の柴田忠男さんが、 そんな事故物件に住んでみることにした著者に起こった「不思議な話」等が記された一冊をレビューしています。

偏屈BOOK案内:森 史之助『事故物件に住んでみた!』

51guVdTnLXL事故物件に住んでみた!
森 史之助 著/彩図社

内閣府の「平成23年版自殺対策白書」によれば、年間3万人を超える自殺者の最期の場所は半数以上の55.3%が自宅。総務省の「2010年国勢調査」ではひとり暮らしの「単独世帯」は全世帯の3割を越えた。大雑把にいうと、年間に約5,000人の単身者が自宅で自殺し、そこは住む人のいない「事故物件」になる。この本で用いた当時のデータは、もはや古過ぎる。現在はもっと数字が大きいと思う。

著者は2011年夏、先住者のいなくなった「事故物件」に入居を決めた。家賃が考えられないほど安いことが、最大かつほぼ唯一の理由だ。周囲からは反対され、入居後も気味悪がられている。本人はまったく気にしていない、はずがない。幽霊が出るのか出ないのか、周辺の治安はどうなのか、近隣から厳しい視線が投げかけられるのか、自らを実験台にして詳細に調べ上げる決意だ。

著者が赤貧の中で引越が必要になった経緯から、事故物件を狙った部屋探し、契約、入居後の信じられないような出来事などをレポートする。不動産屋で知らぬふりして担当者に聞くと「相場より極端に安いところはたいてい事故物件です」と断言し、業界内イントラネットにアクセスして「ほら、ここにもある」と見せてくれた。どうやら、業界内では事故物件はタブーではないようだ

彼は独身なので1DK25平米程度の部屋を捜していた。民間の不動産会社よりも、URのほうが使い勝手がいい。ある事故物件を見に行くのも担当者が同行しないから、鍵を借りて中に入り、じっくり観察できる。室内はたいていきれいにリフォームされている。どこでどう死んだかの情報はない。近所を取材するが曖昧で、高齢者の孤独死、死後しばらくたってからの発見、という想像をする。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 【書評】夢に出てくる。事故物件に住んだ男に起きた深刻な事態
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい