タンカー砲撃で、米になびかぬ安倍首相を「ポチ」と呼ぶ人々の愚

kitano20190620
 

6月13日にホルムズ海峡で発生したタンカー砲撃事件に関して、イラン主犯説を唱えるアメリカに同調した、イギリスと反イランを掲げる国々。しかし日本は米国に対しその証拠を求めるなど、冷静な対応を保っています。この一点をもってしても、安倍首相は決して一部マスコミが言うような「トランプのポチ」ではないとするのは、国際関係ジャーナリストの北野幸伯さん。北野さんはさらに自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、安倍政権が地道な努力で確立した日本の「自立外交」について解説しています。

これでも安倍総理はトランプの【ポチ】といえるか?

6月13日、ホルムズ海峡で2隻のタンカーが攻撃された件。トランプさんは即座にイランの仕業だ!と断定しました。

日本の海運会社が運航するタンカーなど2隻が原油輸送の要衝、中東ホルムズ海峡付近のオマーン湾で攻撃された事件で、トランプ米大統領は14日、「イランがやった」と述べた。
(朝日新聞DIGITAL 2019年6月14日)

しかも、アメリカは、「証拠」を出してきました。

タンカー攻撃、「機雷除去するイラン軍」の映像 米が公開

6/15(土)6:04配信

 

【AFP=時事】中東のオマーン湾(Gulf of Oman)でタンカー2隻が攻撃を受けた問題で、米政府は、イラン革命防衛隊(IRGC)がうち1隻の攻撃に関与したことを示すとする低画質の映像を公開した。米中央軍(US Central Command)のウェブサイトで13日に公開された映像は、イラン巡視船の乗組員が不発の吸着型機雷を船腹から除去する様子を捉えたものとされる。船体についているマークは、攻撃を受けた日本のタンカー「コクカ・カレイジャス(Kokuka Courageous)」を撮影した過去の映像や写真と一致しているように見える。

公開された映像、↓から見ることができます。

イラン艦艇、船体の機雷除去=日本タンカーに接舷-米軍が動画

ところがアメリカの主張あまり信じてもらえないのですね。その理由について、先日書きました。まだの方は、是非ご一読ください。

イラク戦争と同じ構図か。ホルムズ海峡タンカー攻撃の「真犯人」

大国ではイギリスが素早くアメリカの主張支持」を表明した。これに、サウジイスラエルが加わりました。

「イラン関与」サウジも断定、イスラエルも

読売新聞オンライン 6/16(日)21:41配信

 

【カイロ=倉茂由美子】オマーン沖で発生したタンカー攻撃を巡り、イランと対立するサウジアラビアとイスラエルが相次いで「攻撃はイランの犯行だ」と断定した。米英に続き、イラン関与説に正式に加わった形だ。

ちなみにイスラエルとサウジアラビアは、世界1、2をあらそう「反イラン国家」です。他にアラブ首長国連邦アメリカの主張を支持しています。

アメリカのイラン説」を支持しているのは、現状、イギリス、イスラエル、サウジ、アラブ首長国連邦。あまり広がりを見せていません(もちろんイランがやった可能性もあるわけですが。現状証拠不十分」ということですね)。

印刷する

人気のオススメ記事

  • タンカー砲撃で、米になびかぬ安倍首相を「ポチ」と呼ぶ人々の愚
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい