部屋の中で見つけた「青いボタン」の正体がわかったときの衝撃譚

shutterstock_1105102007
 

日常生活において不思議に思ったり、ちょっと気になったあれこれについて考察するメルマガ『8人ばなし』の著者の山崎勝義さんが、つい先日まで気になっていたのは、2か月前に部屋で発見した「青い飾りボタン」のことでした。そして、このボタンの正体がわかったときの衝撃を語るとともに、自信を持っていた能力に対し懐疑的になったと述懐。自己弁護のためにある一つの真理を導き出しています。

青いボタンのこと

書斎の床で青いボタンを見つけた。2か月前、ちょうどゴールデンウィークのことである。 「青い」と言っても、ただ青いだけの普通のボタンではない。青色の糸が経緯をなして小布を作り、それがボタンのおもて面全体を覆っているのである。形状はマーブルチョコレートのようで大きさはそれよりも一回り大きい感じである。裏側は白いプラスチック製で、中央部分の留め具のようなパーツが折れているように見えた。

困ったことに、これが何のボタンなのか皆目分からない。既に説明した通りの飾りボタンである。きっとコートやジャケットなどの上着類か、あるいはバッグなどの小物類から取れてしまった物に違いない。そう考えてあれこれ思い出してみる。 あり得ない。大体「青い飾りボタン」である。自分の持ち物の中にこのボタンの出所となるような物はない筈だ。一応念のためクローゼットの中も確認する。やはり自分の物ではない。となると、誰かの物ということになる。

発見場所の周辺を捜索して手掛かりでも見つけられればいいのだが、あいにくそれは私の書斎の状態、というより常態が許さない。それこそ足の踏み場もないのである。そこここに書類や郵送物が堆く積まれており、不用意に手を出したら大惨事を招きかねない。 そういう危険もあって、この部屋には基本的に自分以外には入ることはない。かと言ってまたゼロとも言い切れない。仕事関係で訪ねて来た人に書類などを直接部屋まで持って来てもらうことも時にはあるからだ。 それに該当する可能性があるのは男性1人、女性2人の計3人である。どうにも無視する訳にはいかなかったので、全員にボタンの写真を送って確認してもらった。誰も見覚えがないと言う。

ここにおいて万策が尽きた次第だから自分としてはもう打っちゃっておく他ない。青いボタンはキーホルダーなどとともに小物入れの中に安置されることとなった。
それから2か月が経った7月のある暑い日に私はその答えを知ることになる。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 部屋の中で見つけた「青いボタン」の正体がわかったときの衝撃譚
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい