中国が蔡英文に浴びせた許し難い差別発言、台湾に横ヤリの何様

 

2016年、中国の新華社通信系列のニュースサイトが、蔡英文のことを「独身女性の政治家として、蔡には愛という感情面での負担家族という制約子どもという心配事がない。彼女のやり方や戦略は時に感情的で個人的で極端だ」と評論しました。それに対して、アメリカのワシントン・ポストは、「この論説が、蔡について何も伝えていない一方で、中国政府には性差別やシングル・シェイミング(独身であることを恥だとして批判すること)が存在することは伝わった」として、批判したのです。

女性、独身、子なしを責められた台湾総統、FBで反撃

まったく意味のない中傷です。2020年1月に予定されている台湾総統選挙は、与野党ともに立候補者はほぼ出揃いました。元行政院長の頼清徳の支持者たちはなおも不満を抱えていますが、頼氏本人は負けを認めており今後は蔡支持を表明していくと言っています。それらの動きについてマスメディアが今からいろいろと騒いでいいますが、各候補が本格的に活動しはじめるのは8月以降でしょう。しかし、今度の選挙は2018年11月の地方選挙とは全く違う性質のものであるため、先行きは読めないのが正直なところです。

2018年の選挙では、与党民進党が大敗しました。さらに、国民党が70年にわたって台湾を牛耳ってきた支配力はまだ各界で衰えていません

また、与野党の候補と、それ以外の第三の候補たちにはそれぞれの弱味があります。例えば、蔡英文は独身女性としてのイメージを強調するため「則天武后」や「西太后」を連想させられることがよくあります。それを性差別で片づけるのは簡単ですが、有権者にとってはイメージは重要です。鴻海の郭会長は、中国の人民解放軍とチャイナマフィアとの関係もささやかれる人物です。また、トランプ大統領との親密ぶりをアピールしているわりには、トランプ大統領からの支持表明はありません。そうなると、親密ぶりをアピールしたのが仇となり、うさんくさい奴との印象をもたれることでしょう。

これらのゴシップを含めて、2020年の台湾総統選挙は、中国にとっては内政問題」ですから、外国がやたらに口をだせば「内政干渉」するなと攻撃されることになります。しかし、この選挙はすべての人類に対して民主か独裁かを問う選挙だと私は考えています。そのため、世界各国の積極的な参加を呼び掛けたい気持ちです。

image by: 蔡英文 Tsai Ing-wen - Home | Facebook

※ 本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2019年7月18日号の一部抜粋です。

黄文雄この著者の記事一覧

台湾出身の評論家・黄文雄が、歪められた日本の歴史を正し、中国・韓国・台湾などアジアの最新情報を解説。歴史を見る目が変われば、いま日本周辺で何が起きているかがわかる!

有料メルマガ好評配信中

  無料サンプルはこちらから  

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」 』

【著者】 黄文雄 【月額】 初月無料!月額648円(税込) 【発行周期】 毎週火曜日

印刷する

人気のオススメ記事

  • 中国が蔡英文に浴びせた許し難い差別発言、台湾に横ヤリの何様
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい