諦めたらそこで会社終了だよ。高齢経営者が今からやるべきこと

shutterstock_1471649408
 

 デジタルマーケティングやSNSマーケティングといった、インターネットを介した宣伝が当たり前になってきたこの時代を、厳しいと感じる年配の経営者も多いようです。今回の無料メルマガ『がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!』では著者の梅本泰則さんが、そんな感情を抱いている方が成長を続け、かつ企業も伸び続けるための方法を紹介しています。

成長を続ける

経営者が成長し続ければ、その企業は成長する可能性が高いです。逆に経営者が成長しなければ、その企業の成長は難しいでしょう。ですから、経営者にとっても企業にとっても、成長を続けることは大事なことではないでしょうか。

それなのに、成長することをやめてしまっている経営者がいます。例えば、有名な先生の講演やセミナーに参加しても一向にメモを取ることをしません。あくびばかりをしている経営者もいます。ついには眠ってしまう人も。これで成長するのなら、不思議です。

また、新しいことにチャレンジしない経営者もいます。例えば、デジタルの時代だというのにお店のホームページも持っていません。SNSでお店の情報を発信したり、お客様と交流することもしません。自分はこれまでやることをやってきたので今さら新しいことに取り組む必要はないと思っておられるようです。

こうした傾向は、50代から70代の経営者に増えている感じがします。どうしてこんなことになっているのでしょう。これは時代の変化のスピードが年配の経営者にとって速すぎるからではないかと思います。特に2010年ころからスマホが急激に普及して、人々の情報のやり取りや商品の買い方が大きく変わってきました。つまり、お店にとって今までのような売り方では対応できなくなってしまったのです。この状態に、年配の経営者がとまどっています。

成長のチャンス

そのため、「もう我々にはついていけない」「若い人たちに任せておくしかない」といった発言をされる経営者もいるのです。しかし、これでは経営者は成長しません。ということは、お店も成長しないということになってしまいます。それは残念ですよね。

成長するのに年齢は関係ありません。いくつになっても成長し続けることです。そのためには、新しい時代の波に飛び込んでいくしかありません。新しい時代とは、IT革命の時代のことです。この時代に対応するには、AIやIoTの技術な流れやデジタルマーケティング、SNSマーケティングといったことについて勉強をしなければなりません。

そして、世の中は実店舗とネットとを一緒に考えるオムニチャネルの時代です。もう、実店舗だけで商品を売ったりお店の宣伝をする時代ではありません。インターネットを活用した商売が必要です。そのためにもデジタルマーケティングやSNSマーケティングの手法を学ばなければなりません。「私には分からない」といって逃げていては、成長にはつながらないでしょう。

逆に言えば、ここは大きなチャンスです。多くの経営者が、変化についていけません。昔ながらのやり方や考え方にとらわれています。もちろん、そのことも必要ですが、もうそれだけでは今の時代を乗り切ることは難しいです。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • 諦めたらそこで会社終了だよ。高齢経営者が今からやるべきこと
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい