「百万回生きたねこ」が「自分のねこ」になれたのはなぜか?

shutterstock_1005829903
 

世代を超えて読み継がれる名作には、それ相応の理由があるものです。今回の無料メルマガ『「二十代で身につけたい!」教育観と仕事術』では著者で現役教師の松尾英明さんが、大人気絵本『100万回生きたねこ』が教えてくれる、生きていく上で重要な、身につけるべき考え方を紹介しています。

自分を自分のものにする

今回は、完全にエッセイ。

好きな絵本について。

国語の時間の一部を使って、1年半に渡り、毎朝の読み聞かせを続けている。最初は私が読んでいたが、今は子どもが日替わりで読んでいる。通算で300冊以上読んでいる計算になる。

本当は、私が読みたい気持ちもある。絵本の読み聞かせが好きなのである。絵本自体が好きなのである。

一番好きなのは、ご存知、佐野洋子さん作『100万回生きたねこ』である。担任したほとんどの学年で読み聞かせしてきた本である。私が生まれるより前に出た本だが、私は大人になってから読んだ。何百回読んでも、いい本である。

ねこは はじめて 自分のねこに なりました。

ここの一文が特に好きである。

自分は、本来自分のものである。飼われている状態は、自分ではない。我が子に対しても、学級の子どもに対しても、同じように思っている。

自分が、自分になれること。自分の人生にとっての主人公であるということ。学級の中において、特にここを大切にしたい。

これは、他者が他者であることを認めるということと同義である。自分のもの所有物にしないということである。

自分が自分になるためには、他人を尊重する必要が出る。そうしないと、自己矛盾が起きる。他人を尊重しないということは自分も同じ扱いを受けるということと同義だからである。

自分が他人に尊重されないことに文句を言う姿勢も違う。自分を最も尊重するのは、自分自身だからである。自分が認めてくれないのに、他人に認めてもらっても、満足しない。他者承認を永遠に求め続けることになる。

ねこは、白いねこに出会って、子どもが巣立って、最後に死ぬ。いつまでも幸せに生きることでなく、死を肯定的に捉えている点も秀逸であると思う。

自分を自分のものにするということは、自ら愛する他人と共に生きるという選択肢も含む。誰にも強制されずに、「そばにいてもいいかい」と頼む場面も、素敵である。

まあ、とにかく好きなのである。前号でも書いたが「何を好きか」というのは、観が出る。周りの人に「何が好き?」というのをきくのも、大切なコミュニケーションかもしれない。

image by: Shutterstock.com

松尾英明この著者の記事一覧

『まぐまぐ大賞2014[無料部門]教育・研究』の大賞受賞メルマガ。実践例を通して、教育観を磨きながら、具体的な手法にもふれていきます。「教育を志事にする」を信条に、真に役立つ実践的な情報だけを厳選してお伝えします。教育関係者を中心に、子どもに関わる全ての方々に向けて発信します。登録・解除ともにすぐできますので、ご一読よろしくお願いいたします。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 「二十代で身につけたい!」教育観と仕事術 』

【著者】 松尾英明 【発行周期】 2日に1回ずつ発行します。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • 「百万回生きたねこ」が「自分のねこ」になれたのはなぜか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい