同居の義母は家事が苦手。正面衝突を避けるためのポイントは?

shutterstock_710082886
 

家事というものは「タオルをたたむ」ということひとつとってみても、人それぞれこだわりがあるものです。自分流の細かいやり方まで押し通そうとすると、家族同士でギクシャクしかねません。今回の無料メルマガ『システマティックな「ま、いっか」家事術』では著者の真井花さんが、同居する義母とのエピソードを交えつつ、「上手く折り合うには目標を共有すること」と記しています。

目標を共有する

さて、本日は違いのお話

きっとみなさんのおうちでも毎日

  • 家事でトラブル!

になっているんじゃないでしょうか( ̄∇ ̄) 我が家は結婚当初から完全同居なので、家事のやり方について義母とだいぶ違っていたためかつてはいろいろモメました

今?今はほとんどモメないですねえ。義母は家事が嫌い&苦手なので、私とモメてまで自分のやり方を通すくらいなら、私に譲っちゃった方がラクだったんだと思います。うん、ま、これはこれでアリですね。

そうは言っても、こうなるまでにトラブったことを思い返してみると、やはり衝突するのは

  • やり方の違い

ですよね。結果に大した違いはないのに、そのやり方プロセスが違う場合です。これ、たくさんありますよね。特に

  • 洗濯物のたたみ方

ですね( ̄∇ ̄) つまり、たたみ方のバリエーションがかなりあるってことでしょうね。ということは、それだけ

  • どれでも問題ナイということ

ですよね。ははは、モメてる方、もうどーでもいいことにしましょうね。労力と時間と精神衛生のムダですよ。

でね。正直なところ、このやり方が違うよ問題は、それほど問題じゃないと思っています。なんてったって、目指すべき状態について共通認識があるからです。つまり

  • タオルはたたんでから仕舞っておくもの

という状態です。これが共有されている状態ですよね。ここに辿り着ければ問題ない…というように話し合ったり妥協したりする余地があるわけです。

ずっと問題なのは

  • 共有される状態が違っている場合

です。先の例で言えば

  • タオルはたたんでなくても仕舞ってなくてもいい派

  • タオルはたたんで仕舞っておくもの派

という場合です。これが

  • キツい(T-T)

んですよね。家庭内の有り様としてのゴールがズレているんだからそこに至るべきプロセスややり方は当然違う。というか、

  • やらない か やる  か

から話し始めて、「やる」に決着した後にようやく

  • どうやるか

の話になるわけですから。ここは、

  • キチンと話し合う

べきところです。この認識がズレているとこれに関連した家事はぜーーーんぶがズレることなるからです。どのくらいの頻度なのかどのくらい手間をかけるのか、タイイングはいつか、誰がやるのかこうしたことがすべて違って…というか、一から作り上げなくちゃならないんです。

その点で、やり方やプロセスがどーのとかいうレベルじゃありませんよね。しかも、お互いにものすごく

  • ストレスフル!!(`皿´)(`皿´)!!

です。やる側は「どうしてやらないの?なんでできない?」と思いますし、やらない側は「そんなことしなくてもいいのにうるさい!」と思いますから。お互いの前提に立ってみて想像力を巡らせればこうなると理解できますよね。

なのでキチンと話し合うんです。やり方とかプロセスはこれに比べれば、もっとずっとテキトーでもいいと思いますよ。あなたのやり方でも私のやり方でもOKみたいな。そのくらいに思っておいても結局大差ないんですから( ̄∇ ̄) でも、これは違います。家庭内の状況としてどういう形がいいのかはよく話し合いましょう。

で、一応の妥結をみるわけです。たとえば

  • タオルは四ッ折にして収納する

という結論に落ち着いたとしましょう。ここでは、読者さんたちにはやや片付けが得意、あるいは実際に担当している側が多いだろうと仮定しておきますね。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • 同居の義母は家事が苦手。正面衝突を避けるためのポイントは?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい