「障がい者の学びの場」で見えた新しい人と何かに「つながる」形

shutterstock_1433861546
 

さまざまな福祉活動に関わるジャーナリストの引地達也さんは、その活動の中で感じた課題や、得られた気づきについて、自身のメルマガ『ジャーナリスティックなやさしい未来』で、伝えてくれます。今回は、長野県佐久市と静岡県伊東市で行なった「障がい者の学びの場」作りのためのオープンキャンパスにおいて感じた手応えと課題を綴っています。

地域福祉の学びを「地域化」するために見えてきたもの

障がい者と市民が共に学びあうオープンキャンパスは今年、地方都市で開催し地域モデルの確立に向けて長野県佐久市と静岡県伊東市での開催を試みた。そこで見えてきたのは、福祉の「地域化」に向けた課題である。

地域とのつながりを大事にする関係者の熱意に心打たれながらも、現実的には「共生社会」「インクルージョン」を実現するために、地方には地方なりの実情があり対応がある。

福祉の領域で障がい者と市民がたどってきたそれぞれの道のりを尊重しつつ、共生社会という次のステージに進むために地方行政がこれまでの措置的な対応から変容するのももちろん大切だが、やはりまだまだ国がメッセージを発し続け、制度化をふまえた見える形での行動が必要だと実感している。

年頭に私は佐久市と伊東市にオープンキャンパス開催の打診をし、文部科学省の研究委託の決定を受け、各市と各市の教育委員会に後援をいただき、各教育機関や福祉事業所、地域のコミュニティへの参加の呼びかけを行った。

チラシの郵送やイーメール、そして訪問。地元新聞への記事掲載やコミュニティFMラジオへも出演した。しかし、これら当初の私の活動はシャドウボクシングをしている感覚だった。相手がいると想定しつつも、繰り出したパンチ(行動)が当たらないのである。

そして同時にその反応は自分なりの解釈として、「障がい者の学び」という新しい概念に戸惑いを覚える心情なのではと推察した。自宅と通所する事業所の往復の毎日と家族との日々が平和に暮らせれば、それも幸せなのかもしれない。

しかしながら、私はその幸せを尊重しながら、もう一歩だけ外に出て、新しい世界や仲間と触れ合う機会を作らなければ本当の地域との共生は成し得ないのではないかと考え、それを行動のエネルギーとして、シャドウではなく、誰かを相手にしたいと動き続けた。

結果的に佐久市でも伊東市でも、その相手は見つかり、オープンキャンパスの当日に多くの障がい者と学ぶことが出来たこと、何よりも参加者が「楽しかった」と言ってくれたこと、アンケートにも「またやりたい」との声が書かれたことは次への励みになった。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • 「障がい者の学びの場」で見えた新しい人と何かに「つながる」形
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい