「国家非常防疫体系」の北朝鮮「新型肺炎の感染者なし」は本当か

shutterstock_1632091561
 

中国での新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、「国家非常防疫体系」を宣言し中国との国境を事実上閉鎖した北朝鮮。「新型肺炎の発症者はいない」との主張を、メルマガ『宮塚利雄の朝鮮半島ゼミ「中朝国境から朝鮮半島を管見する!」』の著者で、北朝鮮研究の第一人者の宮塚利雄さんは、疑わしいと見ています。その証拠とまでは言わないものの、例年金正恩の父、金正日の誕生日に開催される中央報告大会がなかったことなどを伝えています。

武漢発・新型コロナウイルスを隠匿した金正恩

2月2日から8日まで某宗教団体が主催する国際行事に参加した。なんでもこの宗教の創立者の誕生100周年と後継者の妻の77歳の誕生日、それと2人の結婚60周年記念を祝って、ソウルで世界から2万5000人を集めて様々な行事を開催した。

誤解のないように説明しておくと、私はこの宗教の信者でもないし、またこの宗教団体が主催する行事への参加も積極的ではなかったが、唯一、後継者の女性の77歳の誕生日に際し、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長から花輪が贈られてきて、会場でそれが披露されたときは緊張してそれを見入った。

名前は金正恩ではなく「アジア太平洋委員会金ヨンチョル」名であったか。会場内の他の参加者はあまり興味を示さなかったようで、すぐに引き下げてしまったが、私には驚きであった。なぜ、金正恩がこの後継者の女性の誕生日に花輪を贈ったのか。

この宗教関係者によると、この後継者は、金正恩に場合によってはこの集会に参加した各国の代表団4000人を引き連れて平壌に行くと言って、金正恩から承諾を得ていたとのこと。この話は少し違うかもしれないが、ともかく、この宗教団体が大勢の訪朝団を計画しており、後は茶坊主の文在寅大統領が承諾すれば板門店を越えて行くとの話が進んでいたことは確かである。

それはそうとして、私が行ったときは(今もそうだが)中国武漢発の新型ウイルスによる症状が叫ばれており、韓国の仁川空港に到着し、検疫カメラの前でマスクをしない私に女性の係員が「なぜマスクをしていないのか?」という表情で、段ボールに入っていた韓国製の水色のマスクを渡してくれた。韓国人はあまりマスクをしないが、今回だけは違っていた。ほとんどの人が様々なマスクを使用していた。

print

  • 「国家非常防疫体系」の北朝鮮「新型肺炎の感染者なし」は本当か
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け