ボーッと観ても大丈夫。テレビにビジネスヒントが溢れている訳

shutterstock_1527838319
 

テレビについては、「もはや終わったメディア」「見るだけ時間の無駄」等々、厳しい見方をする方々もいるようですが、そう決めつけるのはまだ早すぎるかもしれません。今回の無料メルマガ『繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座』では繁盛戦略コンサルタントの佐藤きよあきさんが、「テレビにはビジネスヒントが溢れている」として、佐藤さん自身がどのようにテレビから情報をキャッチしているかを紹介しています。

テレビには、ビジネスヒントが溢れている

娯楽としてのテレビは、もはや衰退期に突入しようとしています。ネットやスマホの普及により、テレビを観る人が激減しているとも言います。個人的にテレビは大好きですが、確かに面白くなくなってきています。どのチャンネルに変えても、同じような番組ばかりで、どの番組がどのチャンネルかということさえ、ハッキリとは憶えていません。一所懸命に観るのは、自分の好きな分野のみ。

世の中の流れとしては、ここで他の番組は観ないのでしょうが、私の中ではいまだにテレビは娯楽なので、夜はテレビを観ていることが多いのです。そんな中でも、芸能人がさまざまなチャレンジをする番組はよく観ています。芸能人が秘境で生活、世界の祭りに参加、一般人の仕事を経験、日本をバスで縦断……。観ていると、世間知らずを露呈したり、軟弱さが見えたり、大きな失敗をしたり。単純に笑え、羨ましくもあります。一般人では経験できないことをやっているからです。私もやってみたいと思いながら観ています。また最近では、外国人が日本の「食」や「文化」を体験する番組が面白いと思います。日本人では気づかない、日本の良さを知ることができるからです。

ただ、好きな分野ほど、実は真剣には観ていません。ボーッと観ています。観ていて、興味のあることが映し出されれば真剣になりますし、そうでなければ、考えごとをしている場合が多いのです。ならば、「無駄な時間ではないのか」と思われるかもしれませんが、私の場合はテレビが脳に刺激を与えてくれています。情報源となっていることも多いのです。

テレビで見聞きしたことをキッカケに脳が働き始め、自分の仕事のアイデアをその時点から考え始めています。見聞きしたことを情報としてのみインプットするのではなく、その場で加工しています。ボーッと観ているのですが、かなり仕事に役立っていると言えます。なので、私にとってテレビという存在は、非常に大きいのです。

テレビは低俗だと決めつける人がいますが、どれだけ多くの情報を流してくれているかをわかっていないのです。テレビをくだらないものとするか、役立つ情報の宝庫とするかは、観る人次第なのです。大量のビジネスヒントが、次から次へと映し出されます。それを捉えて、あなたのビジネスに活用してください。

image by: Shutterstock.com

佐藤きよあき(繁盛戦略コンサルタント)この著者の記事一覧

なぜ、人はモノを買いたくなるのか。欲しいという感情は、どこから生まれるのか。消費行動における人の心理を知れば、売れるモノが見えてくる。売り方がわかる。小手先のテクニックなど、いらない。人を研究すれば、やるべきことはすべてわかる。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座 』

【著者】 佐藤きよあき(繁盛戦略コンサルタント) 【発行周期】 週刊

print

  • ボーッと観ても大丈夫。テレビにビジネスヒントが溢れている訳
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け