コロナ時代に生き残る。スポーツショップの戦術から学ぶべきこと

shutterstock_1063830242
 

プロ野球の開幕は大きく遅れ、Jリーグの再開も未定と、新型コロナウイルスの影響を大きく受けているスポーツ業界。当然ながらスポーツグッズを取り扱うショップの苦戦も続いています。この状況を打破するため、そして「ウィズコロナ時代」を生き抜くため、スポーツショップはどのような手を打つべきなのでしょうか。経営コンサルタントの梅本泰則さんが、自身の無料メルマガ『がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!』でその方法を探っています。

コロナ時代のスポーツ店の役目

コロナ禍で、プロもアマチュアもスポーツ活動が止まっています。スポーツ産業にとっては大きな痛手です。もちろん、スポーツ用品業界にとっても経済的な打撃があります。このような状況で、スポーツショップが果たす役目は何でしょうか。

アパレルショップの苦境

アメリカでは、大手の百貨店やアパレルチェーンが次々と倒れていっています。J.Cペニー、ニーマン・マーカス、J.クルー。コロナ禍で急激に売上が減り、資金繰りに詰まったことが原因のようです。

日本でも、レナウンが倒産しました。百貨店やショッピングモールの休業、閉店が、それまでの悪い業績に追い打ちをかけたのでしょう。百貨店やショッピングモール自身も業績が悪化していますので、この先まだまだアパレル業界の倒産が続くかもしれません。本当に今回の新型コロナウイルスは恐ろしいですね。

では、倒産や業績悪化の企業にアパレルショップが多いのはなぜでしょう。もちろん経営のまずさや百貨店頼みといったことにも原因があるとは思います。その一方で、売っている商品そのものにも原因があるように思うのです。

つまり、アパレルショップが売っているのは「ファッション」だということが言えます。言い換えれば「流行」のことです。アパレル企業は、その流行を作りだしたり、流行を追いかけながら衣服を販売しています。流行の変わるスピードは速いですから、読み間違えると悲惨な結果です。

「ファッション」こそが、アパレルショップの強力な武器なのです。その武器が通用しなくなったときに、破綻がやってきます。「ブランド」や「顧客ロイヤルティ」も武器と言えるでしょうが、今回の倒産劇をみていると、それも大して役に立たないようです。いずれにしても、「ファッション」が中心の売り物であることが、大きな弱点だと言えます。

では、ひるがえって、スポーツショップの場合はどうでしょう。アパレルショップと同じように、武器(売るもの)が少なければ、同じ運命をたどってもおかしくはありません。

スポーツショップの武器

そこで、一つおさえておきたいことがあります。それは、スポーツ用品は「ファッション」ではないということです。「アスレジャー」とか言って、スポーツ用品をファッションとして売っているお店もあります。しかし、ファッションは移っていきますから、やがてアスレジャーも表舞台から姿を消すことでしょう。その運命は、アパレルショップに任せておけばいいです。

では、スポーツショップが売るべきものは何でしょうか。そして、どれくらいの数の武器を持っているのでしょうか。それを考える前に、スポーツの本質について考えてみます。あなたは、スポーツの持つ魅力は何だと思いますか。

  • 人々に勇気や感動や夢を与えてくれる
  • 真剣に戦っている姿に心をひかれる
  • ヒーローになったり、ヒーローに会うことができる

といった心情的な面も魅力です。また、スポーツをすることを通じて、

  • 壁を乗り越える経験が重ねられる
  • 規律を守る習慣が身につく
  • メンタルの整え方をトレーニングできる
  • 相手を尊敬したり、思いやったりするようになる
  • 目標を達成するための努力を続けるようになる

といったことも、スポーツの持つ魅力でしょう。

そうなのです。スポーツには、このようにたくさんの魅力があります。そして、それこそがスポーツ用品の武器になるのです。つまり、スポーツショップはスポーツ用品を通じてスポーツを愛する人たちにスポーツの魅力を届けています。素晴らしいではありませんか。そんな素晴らしい役目を持ったスポーツショップが、世の中に不要であるはずがありません。

スポーツは私たちの生活にはなくてはならないものです。そのスポーツの魅力を届けるためのスポーツ用品は、「生活必需品」だといえます。そして、このコロナで委縮している生活を元気にしてくれるのがスポーツであり、スポーツ用品なのです。

だからといって、単にお店にある商品を売っていくだけでいいのでしょうか。いえ、いけません。今こそ、スポーツショップはスポーツの持つ魅力を発信するときです。それがスポーツショップの役目だと思います。では、どんな発信をするといいのでしょう。

print

  • コロナ時代に生き残る。スポーツショップの戦術から学ぶべきこと
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け