「お値段不明」では誰も買わぬ。商品のプライスカードが超重要な訳

shutterstock_1712432500
 

コロナ禍で各業種が軒並み苦戦する中で、まず削られるのが宣伝広告費。とは言えそれなしでは集客は見込めないとあって、頭を悩ます担当者は少なくありません。この状況ではどんな一手を打つべきなのでしょうか。今回の無料メルマガ『がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!』では著者で経営コンサルタントの梅本泰則さんが、お金をかけずにできる販売促進術を、具体例を上げつつ紹介しています。

コロナ禍の広告宣伝と販売促進法

コロナ禍で、景気が冷え込んでいます。こんな時は、何もしなければ時代に流されていってしまいます。お店では、何かできることはないでしょうか。しかもお金をかけないで。

そこで今回は、広告宣伝と販売促進について考えてみました。

削られる費用

あなたのお店では、毎月どれくらいの広告宣伝費や販売促進費を使っているでしょうか。景気が悪くなると、決まって広告宣伝費や販売促進費が削られます。チラシやDMやネット広告などにかかる費用ですね。店頭イベントや商品ディスプレイなどの費用もそうです。

本当は削ってはいけない費用なのですが、人件費や家賃は削るのがむつかしいので、広告宣伝費や販売促進費にお鉢が回ってきてしまいます。利益を確保するには、やむを得ない面もあるでしょう。事情はよく分かります。

だからといって、広告宣伝や販売促進に力を入れないのは良くありません。逆に、今こそ広告宣伝や販売促進に力を入れる時なのです。いえ、広告宣伝や販売促進にお金をかけろと言っているのではありません。たいしてお金をかけなくても、効果的な広告宣伝や販売促進は出来ます。その方法をいくつか紹介してみましょう。

まず、あなたが真っ先にやることは、プライスカードの手直しです。お店の商品をよく見てください。プライスカードがついていない商品はありませんか。プライスカードがついていないために商品が売れない、ということがよくあります。値段が分からないだけで販売チャンスを逃すのは勿体ないです。まずは、全商品にプライスカードをつけることが販売促進につながります。

また、プライスカードがついていても、それが古くなって色あせていることはありませんか。そうしたプライスカードはすぐに取り換えましょう。プライスカードが古いだけで、商品の価値が下がってしまいます。ですから、プライスカードをおろそかにしてはいけません。意外とこんな簡単なことを徹底するだけで、効果があるのです。プライスカードの話はまだ続きます。

プライスカードとPOP

中には、商品タグ(下げ札)に、スーバーで見かけるような小さな価格シールを貼ってあることはないでしょうか。これも、商品価値を下げてしまいます。商品には、お店専用のプライスカードを下げるようにしましょう。商品タグに貼った価格シールでは、お客様に分かりにくいですし、手抜きのようにも見えてしまいます。

そして、商品に下げるものにしても、棚に貼るものにしても、プライスカードは統一することです。それだけでイメージが良くなります。予算があれば、お店独自のデザインのカードを作ると良いですが、店舗用品として市販されているものでも大丈夫です。

また、出来れば、プライスカードには何か一言宣伝文句を書いておくと良いでしょう。例えば、「新製品です」「一番売れています」「店長お勧め」「通気性バツグン」といったものです。

実は、この一言宣伝文句は、別にPOPとして陳列棚に置いたり貼ったりすると効果があります。そう、プライスカードも大切ですが、POPも重要です。ご存知のように、POPは「静かな販売員」と言われます。しかも、たいした費用もかかりません。

お店では、そのPOPを頻繁に取り換えているでしょうか。1年前に作ったPOPがそのまま、ということはありませんか。ぜひ、この機会に新しいPOPに取り換えましょう。

そのPOPには、簡単なキャッチコピーが添えられることが多いです。そのキーワードに苦心されている方もいるでしょう。そんな場合は、例えば次のようなキーワードで考えるとキャッチコピーが作りやすいです。

「ついに」「マル秘」「衝撃」「魔法」「ズバリ」「発見」「めきめき」「次世代」「最新」「告白」「モリモリ」「超」「法則」「ぴったり」「ノウハウ」

参考にしてください。さらに、広告宣伝・販売促進ツールとしては、チラシがあります。

print
いま読まれてます

  • 「お値段不明」では誰も買わぬ。商品のプライスカードが超重要な訳
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け