大量の漁船を送り込む習近平の不気味さ。中国の経済低迷で“権力闘争”激化か

shutterstock_1725604774
 

先日掲載の「中国空軍149機の『台湾侵入』は本気の警告。火に油を注いだ米国の動きとは」等の記事でもお伝えしているとおり、エスカレートする一方の中国による台湾への威嚇行為。しかしその裏には、習近平政権の「抜き差しならない事情」が存在しているようです。今回のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』では台湾出身の評論家・黄文雄さんが、これまで中国の為政者が権力固めのために他国侵略を繰り返してきた歴史を紹介。さらに習近平氏が現在置かれている状況を分析するとともに、台湾への挑発を激化させる中共の動きに対して警戒を促しています。

【関連】中国空軍149機の「台湾侵入」は本気の警告。火に油を注いだ米国の動きとは

※本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2021年10月20日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:黄文雄こう・ぶんゆう
1938年、台湾生まれ。1964年来日。早稲田大学商学部卒業、明治大学大学院修士課程修了。『中国の没落』(台湾・前衛出版社)が大反響を呼び、評論家活動へ。著書に17万部のベストセラーとなった『日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか』(徳間書店)など多数。

中国と台湾の真実を最もよく知る黄文雄先生のメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

【中台】中国の不穏な経済情勢、台湾威嚇の裏に権力闘争の激化か

台湾の離島に迫る不気味な「緑のオーロラ」の正体は─またも中国による威嚇か?

10月に入り、中国による台湾への挑発行動が激化しています。台湾国防部は、10月4日、台湾の防空識別圏に中国軍の戦闘機などのべ56機が侵入したと発表しました。10月からの4日だけで、その数はのべ149機にのぼるそうです。

台湾の防空識別圏に中国軍機の進入が急増 4日は延べ56機

そんななか、中国福建省沿岸から距離にしてわずか10キロしか離れていない台湾の馬祖島で、緑のオーロラが発生していることが話題になっています。その正体は、中国のイカ釣り漁船。この4カ月間、馬祖島付近の台湾海峡に数十~数百隻の中国漁船が出没しているのです。

中国漁船は、イカ領のために緑のLEDライトをつけていると主張していますが、これまで台湾への嫌がらせのために中国漁船を送り込み、台湾の漁場を荒らし回るということがたびたびあったことから、これも台湾への心理的圧力であることは間違いないでしょう。

2014年には日本でも、小笠原諸島周辺の排他的経済水域(EEZ)に中国船が大量に襲来し、大量のサンゴを密猟していることが大きな問題になったことがありました。しかも、このEEZでは、中国船が無許可で海洋調査を行うといった事案も発生しており、単に民間漁船が密猟のために襲来したのではなく、周辺地域の調査や日本への示威行為だったことは明らかです。

日本のEEZ内で中国船が無許可調査…抗議

自由時報でも、馬祖の「緑のオーロラ」については大きく報じています。主に中国福建省から来ている中国漁船は、この2年間で数が急増しており、今年は最も深刻な状況で、緑のライトが馬祖の住民や不満を募らせているといいます。

綠色夜空!馬祖竟出現「極光」《華郵》曝:另一種魷魚遊戲

中国は、中国漁船を他国の海域に繰り出し、揉め事になると、中国漁民保護の名目で軍事介入し実効支配へと持ち込むという戦略をとっています。南シナ海もそうして実効支配を強めましたし、尖閣諸島もまさにそうしたやり口で侵略してきているのです。

一般市民を装って敵対行為や破壊活動などを行う軍人を便衣兵といいますが、中国はこの便衣兵の戦法をよく使います。日中戦争においても、軍服を脱ぎ捨てて一般人に紛れ込み、テロ活動を行う中国の便衣兵に日本軍は悩まされました。もちろん便衣兵は国際法違反であり、即座に処刑してもいい対象となっています。

自由時報では、アメリカのシンクタンク「プロジェクト2049インスティテュート」のシニアディレクター、イアン・イーストン氏による「台湾海峡の中央線の北側では、1,000隻の中国民兵の偽装漁船が侵攻作戦の演習を行うなど、大規模かつ激しい活動が展開されている可能性がある」というツイートを紹介しています。

Ian Easton(Twitter)

中国と台湾の真実を最もよく知る黄文雄先生のメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

print
いま読まれてます

  • 大量の漁船を送り込む習近平の不気味さ。中国の経済低迷で“権力闘争”激化か
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け