あの週刊文春も語りだした、金正恩「暗殺作戦」の現実味

takano20170327
 

国際社会の非難をよそに、ミサイル発射実験を繰り返す北朝鮮。そんな中、安倍首相に極めて近いとされるジャーナリストが一部週刊誌に、アメリカによる「金正恩暗殺計画」について寄稿し話題となっています。メルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』ではこの記事の信憑性を検証するとともに、「北を止める2つの方法」と日本が担うべき役割について記しています。

トランプ政権が金正恩「暗殺作戦」に踏み切るとの情報は本当か? 安倍首相の側近記者が煽る危険な戦争シナリオ

安倍晋三首相とその官邸に「最も深く食い込んでいる」と言われる元TBS記者のフリー・ジャーナリスト=山口敬之が『週刊文春』3月30日号におどろおどろしく書いているところによると、

  1. 去る2月の安倍・トランプ「ゴルフ外交」では北朝鮮情勢について相当突っ込んだやりとりが行われた。……別荘とゴルフ場の間の移動は安倍首相とトランプが同じ車に乗り、同乗したのは双方の通訳だけという場面が、合計で60分ほどあった。……具体的な車内でのやり取りについて安倍首相は、「絶対に話せない」と周囲に述べている。……だがこの場で、「武力行使も辞さない」と公言しているトランプの新しい対北朝鮮政策の衝撃的な内容がつぶさに伝えられた可能性が極めて高い。
  2. その衝撃的な内容を官邸中枢は、次のように語る。「一言でいえば金正恩『斬首』計画。つまり金正恩を実力で排除することにほかならない。……最新情報を総合すると、現在トランプが想定している「北朝鮮への先制攻撃作戦」は……主眼はあくまで「金正恩斬首」に置かれ……空爆は「断末魔の反撃」を抑えるための「司令システムへの限定空爆」であり、空爆の対象は20から40カ所程度。
  3. 米軍による攻撃を警戒している金正恩は、地下150メートル程度の地下居宅など複数の強固に防護された施設を転々としているようだ。米軍はその動きをキャッチしたうえで、「隠れ家」そっくりの施設をつくり、特殊部隊による突入訓練を繰り返していた。
  4. これが実行された場合、日本はどうなるのか。「軍事上は、先制攻撃後の朝鮮半島の混乱状態に米韓と連携して対応することが求められます。北朝鮮による断末魔のミサイル攻撃もありえます。仮にVXを搭載したミサイルが東京などに着弾した場合、数万人規模の死者がでる可能性もある」……「ここまできて、トランプが何のアクションも起こさないという可能性は、限りなくゼロに近い。もう後戻りはできない」

「」で引用されている発言部分は、「政府関係者」と「官邸中枢」であって、いかにも信憑性が高そうである。しかし、これでいくとトランプと安倍首相はすでに、イラクのサダム・フセインの地下司令部を空爆したり、パキスタンの隠れ家にいたオサマ・ビン・ラーディンを特殊部隊が襲ったりした、あのタイプの作戦を北朝鮮に対して強行することに合意し踏み切っていることになる。本当なのか?

印刷する

人気のオススメ記事

  • あの週刊文春も語りだした、金正恩「暗殺作戦」の現実味
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい