ここがヘンだよ京都。なんでもランキングで知る意外な一面

shutterstock_219176977
 

毎回、京都の歴史や神社・仏閣の素晴らしさを配信してくださる人気の無料メルマガ『おもしろい京都案内』ですが、今回は「ランキングで見る京都の意外な一面」を紹介しています。人間味溢れる京都の新たな魅力を発見できること間違いなしですよ。

ランキングで見る知られざる京都の一面

今日は知られざる京都の一面を都道府県ランキングをもとに見ていきたいと思います。

あまり訪れたことがない方には意外と思われるものを選んで取り上げてみます。実際に住んでいたり、頻繁に行くようになると確かにと思います。今日はそんな京都の知られざる一面や魅力をデータに照らし合わせて見てみたいと思います。

日本酒生産量 2位

酒造業が盛んな街伏見は全国的にも有名ですよね。日本酒生産量が多いというのはある程度納得のいく結果ですね。ちなみに1位は兵庫県です。「灘の酒」は男の酒と言われるのに対して、「伏見の酒は女酒と言われ、昔から酒どころとして有名です。女酒と言われる所以は京都の水は軟水だからです。柔らかいのが特徴です。

これはお酒に限らず、豆腐、湯葉、野菜などが美味しくて有名なのも豊富な水とその柔らかさが関係しています。特に出汁が味の決め手となる京料理に京都の軟水は欠かせません。京都で流行ったお店でも他府県に出店すると他地域の店で出す料理は違う味になるので繁盛しないと言うぐらいです。軟水と硬水とでは出汁の戻り方が違うようです。京都でいい具合に出るお出汁もそれ以外の地域ではその味が再現されないことがあるそうです。本場の京料理にリピーターが多いのもうなずけますね。

大学院生/大学生 1位

京都は他のどの地域より若者の多い街です。古都といえ街は若者ばかりでとても活気があります。電車やバスに乗ってもその多さは歴然としています。

この統計は人口100人あたりに対して5.29人で京都府が1位という統計です。しかし京都市に限定するとさらに倍ぐらいその密度は高く学生の数は多くなります。

京都市の人口は約150万人です。そのうち大学生の数は約15万人なので、10人に1人は大学生ということになります。中学生や高校生、専門学校生や短大生など入れればさらに多くなります。そして、常時日本全国から修学旅行生が来ているのでより強くアカデミックな雰囲気を感じます。街は若い人で溢れ、とても活気があるのが京都の大きな魅力だと思います。

共産党得票率 1位

これはもともと共産党が強い地域だということがあります。京都は昭和25年から53年まで7期28年に渡って蜷川虎三知事を務めていました。そのため、現在でも独自の存在感を示しているのです。京都の共産勢力は与党自民党に対する批判勢力を取り込み強い発言力を持つこともあるようです。また、労働組合に共産系の組合員が多いというのも特徴のようです。

共産党は宗教色がないというもの京都で支持される理由のようです。自民党などは大寺院の総本山との結びつきが強い場合などがあります。一方で共産党は基本的には無宗教主義なので、宗教者はみんな一緒に手を組んで世の中をよくしようという考え方です。他宗教の人たちの橋渡しをするのでみんなで協力しましょうという立場なのです。偏りがない立場なので、幅広い異なる宗教の信者や檀家からも支持をされやすいようです。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • ここがヘンだよ京都。なんでもランキングで知る意外な一面
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい