日本だったら完全アウト。ヒラリー氏に浮上したFBI幹部買収疑惑

shutterstock_437484403
 

アメリカ大統領選まで2週間を切りましたが、世論調査の支持率は依然としてヒラリー氏が優勢と見られています。しかし、無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんは、ここに来てヒラリー氏に「新たな疑惑」が浮上したことを指摘。が、それを握り潰すだけの力が今のヒラリー氏にはあるとも述べています。最後に笑うのはどちらになるのでしょうか?

ヒラリー・クリントン、FBI副長官を買収???

「世界最大のリアリティーショー」アメリカ大統領選挙、あとしばらくで結果がわかります。

数々のわいせつ行為が暴露され、苦境に陥っているトランプさん。一方で、ヒラリーさんは、「私用メール問題」を抱えていました。ところが、ここにきて「新たな疑惑」が出てきました。

ヒラリーは、FBI幹部を買収したのか?

こちらの仰天報道をごらんください。

米大統領選 クリントン氏と親密な知事の政治団体、FBI幹部の妻に5,200万円大口献金

産経新聞10月25日(火)9時10分配信

 

【ワシントン=小雲規生】米大統領選の民主党候補クリントン氏と親密なバージニア州知事の政治団体が、連邦捜査局(FBI)幹部アンドリュー・マッケイブ氏の妻で、2015年に同州議会の上院選挙に立候補した女性に約50万ドル(約5,200万円)の献金をしていたことが分かった。24日付の米紙ウォールストリート・ジャーナルが報じた。

ヒラリーさんと親密なバージニア州知事の政治団体が、FBI幹部アンドリュー・マッケイブの妻で、バージニア州上院選挙に立候補した女性に、50万ドル(約5,200万円)献金した。

バージニア州知事は、マコーリフさんと言います。マコーリフさんは、1996年、ビル・クリントンの大統領再選キャンペーン、2008年、ヒラリー・クリントンの大統領選挙キャンペーンを率いた人物で、クリントン夫妻と、とても親密。それで、マコーリフさんの団体が、ヒラリーさんの意志と無関係にFBI幹部の妻に献金したとは考えにくい。

マッケイブ氏は選挙後の7月末にFBI副長官に昇格し、クリントン氏の私的メールアカウント使用問題の捜査に関わった。

 

マッケイブ氏の妻はメール問題が発覚した3月に出馬を表明したが、6月の選挙戦で共和党の現職候補に敗北した。FBIはマッケイブ氏が妻の選挙運動には関わらなかったとしている。
(同上)

ヒラリーさんの友人が5,200万円献金した女性の夫は、FBI副長官に昇格した。彼は、ヒラリーさんの「メール問題」に関わったのでしょうか? AFP=時事10月25日付には、こうあります。

この幹部はその後、クリントン氏の私用メール問題の捜査を監督する立場になった。

もう一度整理してみましょう。

  1. ヒラリーさんの友人は、FBI幹部の妻に5,200万円を献金した。
  2. このFBI幹部は、後にFBI副長官になり、ヒラリーさんの「メール問題」を「監督する立場」になった。

これは、偶然でしょうか? 「メール問題の捜査を監督する人物を買収したのでは? 当然、こんな疑惑が出てきますね。トランプさんの反応は?

この報道を受け、共和党候補ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏(70)は「クリントン氏は説明責任を果たすべきだ」と批判している。
(同上)

この問題は、どうなるのでしょうか?

print

  • 日本だったら完全アウト。ヒラリー氏に浮上したFBI幹部買収疑惑
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け