ダイオキシンは嘘だった。武田教授が暴露「間違いだらけの環境問題」

 

これが正しい社会か?メディアから締め出される良心的科学者たち

そういえば、一時騒がれた精子が減るという「環境ホルモン」、オスがメス化しているという特定の物質などはいずれも詐欺まがいの事件だったことが分かっています

さらに、「リサイクルしなければ8年で廃棄物貯蔵所からゴミがあふれる」と言われて著者が計算したら、「おおよそ150年は持つ」という結果になりビックリしたことがあります。リサイクルが始まってもリサイクル率(本当にリサイクルして商品になったもの)は数%しか過ぎず、8年しか持たないと報道された時からすでに20年を経ています

なぜ、このような報道が続いたかというと、環境の汚染を報道すると、国民が心配してテレビや新聞を見るので、視聴率や販売部数を増やせることにあり、それに協力した学者は研究費を、業者は補助金を、そして官僚は天下り先を確保できたからで、損をしたのは国民です。

ダイオキシンで年間約2000億円、リサイクルが5000億円、温暖化が3兆円と計算されますから、「環境対策」で年間約4兆円を20年も続けてきたのです。

これが税金で、勤労者7000人の一人あたり110万円もムダに取られていたのです。
続きはご登録の上、お楽しみください。初月無料です

imgea by:Shutterstock

 

武田邦彦この著者の記事一覧

東京大学卒業後、旭化成に入社。同社にてウラン濃縮研究所長を勤め、芝浦工業大学工学部教授を経て現職に就任。現在、テレビ出演等で活躍。メルマガで、原発や環境問題を中心にテレビでは言えない“真実”を発信中。

有料メルマガ好評配信中

  無料サンプルはこちらから  

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」 』

【著者】 武田邦彦 【月額】 初月無料・864円(税込) 【発行周期】 毎週水曜日(祝祭日・年末年始を除く)

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • ダイオキシンは嘘だった。武田教授が暴露「間違いだらけの環境問題」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい