紳士服のAOKI、利益50%減。「脱スーツ」の先にあった落とし穴

shutterstock_1529868773
 

紳士服業界2位のAOKIが先日、利益の大幅減少を発表しました。本業のスーツを中心としたファッション事業は好調の同社でしたが、意外な別事業が大きく足を引っ張っているようです。無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんが詳しく分析しています。

紳士服のAOKI、利益5割減

佐藤昌司です。紳士服2位のAOKIのスーツ、フォーマルは売れています。しかし、利益は大幅に減少しました。AOKIでは何が起きているのでしょうか。

AOKIホールディングスは2月9日、2016年4~12月期の売上高は前年比1.8%増の1,334億円、本業のもうけを示す営業利益は48.7%減の42億円、純利益は51.9%減の22億円と発表しました。増収減益です。

スーツ、フォーマル関連市場は他の市場同様、多様化する消費者ニーズの影響下にあります。価格志向と機能やブランドといった付加価値志向の二極化、個性化志向の高まり、ジャケットスタイル・ビジネスカジュアル需要の高まり、女性の社会進出によるレディーススーツ需要の高まりといった消費者ニーズの多様化の波が押し寄せています。

AOKIは、「洗えるスーツ」や「ノーアイロンシャツ」といった機能性衣料の品揃えの強化、「パーソナルオーダー」コーナーの拡大や新パーソナルオーダーシステムの運用といった施策によるパーソナルオーダースーツの提案の強化レディースフォーマルの充実化といったことを行い、多様化する消費者ニーズに対応していきました。

スーツ、フォーマルといった重衣料は堅調に推移しています。近年は足踏み状況が続いているものの、直近10年間の売上高は上昇傾向にあります。2007年3月期は409億円でしたが、出店が拡大するにつれて上昇し、2016年3月期には487億円にまで成長しています。

スーツ、フォーマルを中心に売上高は堅調に推移しています。一方、AOKIの約100店舗を大規模改装し、それに伴う閉店セールを実施したことで利益は圧迫しました。そのため、2016年4~12月期の純利益は5割以上減少したのです。

AOKIは前期でも小規模改装を行いましたが、改装を行った店舗は好調に推移したため、今期において過去最大となる改装投資に踏み切ったという背景があります。そのため2016年4~12月期は大幅な減益となりましたが、AOKIの今後の成長のためには減益は致し方ないといえるでしょう。

ただ、「必要な投資だから」だけでは片付けられない事情もあります。他の事業で不振に陥っているものがあるからです。

print
いま読まれてます

  • 紳士服のAOKI、利益50%減。「脱スーツ」の先にあった落とし穴
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け