消えゆく地方の百貨店…悩める「老舗」は生まれ変われるのか?

 

三越伊勢丹HDは、老舗のプライドと過去の栄光にすがり消費者不在の論理をかざしている場合ではないでしょう。業界のリーディングカンパニーとして未来の百貨店のあり方を描く立場にあります。それができなければ、さくら野百貨店仙台店と同じ道を歩むことになるのではないでしょうか。

百貨店は不採算店舗の閉鎖が不可欠です。従業員の意識改革も必要です。都市部にある旗艦店は適宜改修やリニューアルを行い、魅力的で個性的なテナントの誘致とコト消費に対応した売り場の構築が求められます。オムニチャネルの推進や小型店舗の開発・出店も求められます。時代に適合した百貨店のあり方を示せるかが問われるでしょう。

51d4BWNQaCL

 「企業経営戦略史 飛躍の軌跡(クリエイションコンサルティング)

佐藤昌司この著者の記事一覧

東京MXテレビ『バラいろダンディ』に出演、東洋経済オンライン『マクドナルドができていない「基本中の基本」』を寄稿、テレビ東京『たけしのニッポンのミカタ!スペシャル「並ぶ場所にはワケがある!行列からニッポンが見えるSP」』を監修した、店舗経営コンサルタント・佐藤昌司が発行するメルマガです。店舗経営や商売、ビジネスなどに役立つ情報を配信しています。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業 』

【著者】 佐藤昌司 【発行周期】 ほぼ日刊

print
いま読まれてます

  • 消えゆく地方の百貨店…悩める「老舗」は生まれ変われるのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け