【書評】東洋史から見れば中韓の「正しい歴史認識」は創作?

 

戦後70年をターゲットに、中韓はいわゆる「正しい歴史認識」を日本に強要してきた。日本を貶めるのと金が目的なのは明白だった。日本の政治家はそれに対抗できなかった。著者から見る中韓の歴史認識は、戦後史も戦前史も糾すべきところが多々ある。真の歴史を知る者たちでそれを迎撃しようではないかという主張であろう。

中韓による日本への歴史戦を熱烈に歓迎すべきだ。(略)中韓両国は反日をしないと生き残れない哀れな国だから、思いやりあふれる国日本は、中韓の生存権を庇護するために「反日大歓迎」を勧めるべきだろう。これは決してパラドックスではない。思いやりの心から出てくる真誠だ。

とはキツい。

大東亜戦争について、アメリカと中韓の歴史観とは真逆なのが、東南アジアの国々である。アジア諸民族から大東亜戦争を見れば、それは黄色人種対白人の戦争、独立解放を目指す植民地解放戦争だった。ただ一国、西洋植民地主義者と手を組み、アジア解放阻止に動いたのが蒋介石の中国だった。

政治目的しかない歴史は真の歴史ではない。実証主義の歴史学からすれば、検証する価値さえない。だから中韓との歴史戦争を日本は「熱烈歓迎」すべきだというのが黄文雄の持論だ。日本の国家・文化・文明を愛する日本人として、誇りを取り戻す好機になる。「ニコニコ超会議」あたりで公開日米韓中歴史戦をやってもらいたい。真の歴史ほど強いものはない。日本の圧勝だ。

編集長 柴田忠男

image by: jianbing Lee / Shutterstock.com

日刊デジタルクリエイターズこの著者の記事一覧

デジタルメディアで活躍する現役クリエイターたちのコラムで構成されている本格派。総発行部数約16000! 真のクリエイターを目指している方からデジタルに関わる方まで、すべてに向けて発行中!

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】 』

【著者】 日刊デジタルクリエイターズ 【発行周期】 ほぼ日刊

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 【書評】東洋史から見れば中韓の「正しい歴史認識」は創作?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい