【書評】東洋史から見れば中韓の「正しい歴史認識」は創作?

degi20170607
 

慰安婦問題や南京大虐殺など、その歴史認識を巡っては民間レベルにおいても「冷戦状態」とも言うべき状況にある中韓と日本。そもそも中韓は何をもって「正しい歴史認識」としているのでしょうか。そんな疑問にひとつの答えを与えてくれる一冊を、無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さんが紹介しています。

81VKywPQ16L

米中韓が仕掛ける「歴史戦」 ―世界史へ貢献した日本を見よ
黄文雄・著 ビジネス社

黄文雄は台湾出身の評論家で著作がものすごく多い。そしてタイトルも長い本が多い。今回読んだのは『米中韓が仕掛ける「歴史戦」―世界史へ貢献した日本を見よ』である。文章にも特徴があって、箇条書きがかなり多い。だから格調のある文章ではないが、とてもわかりやすいのだ。

教室で講義を聞いているような感じで、スルスル読み進められる。1980年代後半に入ってから、中国は日本に対していわゆる「正しい歴史認識」とやらを押し付け、韓国もその尻馬に乗った。それは「政治」であって断じて「歴史」ではない。ところが、日本政府は「反省と謝罪」という愚挙を繰り返してきた。

黄文雄は東洋史の理解から、中韓のいわゆる「正しい歴史認識」はすべて創作と見做す。それは自国史の投影からのフィクションとファンタジーの産物だと断言する。いわゆる「正しい歴史認識」は逆に読めば正しい。それが奴隷になりたくない人だけに薦めたい、じつに簡単な「歴史の真実」を知る秘訣だ。

中韓のいわゆる「正しい歴史認識」とは、正しくないだけでなく、歴史ですらない。とにかく世界史としての全体像がない。日中韓の関係史のみに限定し、歴史空間の広さと時間のスパンが不足している。戦前だけでなく戦後の中韓の内戦史も侵略史も隠蔽した。つまみ食い史観とあてこすり史観しかない。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • 【書評】東洋史から見れば中韓の「正しい歴史認識」は創作?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい