童謡「ずいずいずっころばし」と徳川将軍家とのただならぬ関係

 

お茶のCMでお馴染み「綾鷹」をご存知でしょうか? あのお茶を作っている上林春松(かんばやししゅんしょう)は宇治で450年の歴史を持つ老舗茶舗店です。1603年、家康から宇治茶の総支配を命じられ、代官として御茶師全体の総括を任されていたのです。御茶壺道中の大行列が安全に高級茶葉を朝廷や幕府に届けられるように監督していたということでしょう。

ところで

ズイズイ ズッコロバシ ごまみそズイ 茶壺におわれて ドッピンシャン ぬけたら ドンドコショ

っていう童歌をご存知でしょう。

これは街道沿いに住む百姓が、御茶壺道中の大行列が通過するときの様子を歌っているものだそうです。

胡麻味噌を摩っていると、御茶壺道中が来るという設定です。家の戸をピシャリと閉めて(ト=戸ッピンシャン)行列が通り過ぎるまでやり過ごす。武士による切捨て御免の時代なので、粗相があったら大変です。子どもたちは決して外に出てはいけないと教えられていたようです。そして通り過ぎるとホッと一息が、「(通り)ぬけたらドンドコショ」という描写です。

御茶壺道中の大行列が通過するときはかなりピリピリムードだった様子が伺えますよね。

いかがでしたか? 京都は日本人の知識と教養の宝庫です。これからもそのほんの一部でも皆さまにお伝え出来ればと思っています。

image by: Shutterstock.com

英学(はなぶさ がく)この著者の記事一覧

毎年5,000万人以上の観光客が訪れる京都の魅力を紹介。特にガイドブックには載っていない京都の意外な素顔、魅力を発信しています。京都検定合格を目指している方、京都ファン必見! 京都人も知らない京都の魅力を沢山お伝えしていきます。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 おもしろい京都案内 』

【著者】 英学(はなぶさ がく) 【発行周期】 ほぼ週刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 童謡「ずいずいずっころばし」と徳川将軍家とのただならぬ関係
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい