記録的な寒い冬。ひと頃騒がれた温暖化問題とはなんだったのか?

温暖化 NHK 朝日新聞 武田邦彦
 

今年に入り、東京、北陸、北海道などでは記録的な大雪が続いています。しかし、それでも日本人の多くは「地球は温暖化している」と考えているのではないでしょうか。メルマガ『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』の著者で中部大学教授の武田先生は「地球温暖化はアメリカの思惑によって大々的に公表された」との裏事情を明かしたうえで、その後もフェイク報道を続けるNHKと朝日新聞を強く非難しています。

今年は記録的な寒い冬。ひと頃騒がれた温暖化問題はどうなったのか?

今年の冬は寒い。埼玉県では観測史上最低のマイナス9℃を記録したり、雪も多い。今年の寒さは日本だけではなく、ヨーロッパもアメリカも厳しい寒波に襲われています。

温暖化が進み寒くなった」などと非科学的なことを言ってもがいている「温暖化脅威論者」がいるけれど、いくら何でもこんなウソに騙される人はいないでしょう。本当のところは、上がっていた気温も2000年ごろから下がり出し、学会では「第四期」と言われる気温低下時期に入っています。今後も温暖な冬寒冷な冬を繰り返しながら徐々に寒冷期に向かっていくと予想されています。

でも、日本人の多くは地球が温暖化していると思っていますが、それは主として気温が下がっているというデータそのものがこれまでの報道と違うので、メディアが報道しないことによりますが、奥底には、1988年から30年続いたNHKと朝日新聞の報道の姿勢によっています。

かなり複雑で、報道それ自体は間違っていたわけではなく誤報でもありません。それではなぜ、視聴者や読者は温暖化に対して間違った認識になったのでしょうか?

温暖化報道を振り返ることで、日本の闇、世界の闇を取り除くことができるので、ここで整理をしておきます。

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 記録的な寒い冬。ひと頃騒がれた温暖化問題とはなんだったのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け